トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売, トヨタ 新型 ノア ヴォクシー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2021年7月発売, トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド フルモデルチェンジ 180系 2022年8月発売, 日産 新型 ノート e-POWER 3代目 フルモデルチェンジ 2020年12月23日発売.

エンジン・排気量:1.797L(直列4気筒),1.196L(直列4気筒インタークーラー付きターボ) 国産車でCX-30のライバルになるのは、トヨタのC-HR、ホンダのヴェゼルではないでしょうか。

全高:1,605mm ■インテリアの質感 8点/ブラウンレザーの内装は上質感を感じる。ナビディスプレイがやや小さく低い位置にあるため、運転中は見にくい。 Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved.

■コストパフォーマンス 8点/ツーリング専用の外装、内装のデザイン、そして18インチタイヤ、パフォーマンスダンパーなど豪華。300万円強で買えるとなるとコスパが高い。, □総合点 82点 日産のジュークがありますが発売されてからかなりの年月が経過しており、フルモデルチェンジもしていないので今回は候補にあがりません。※ジュークは今後、フルモデルチェンジの噂もあるので注視したいところです。, トヨタのC-HRをライバルにする理由は、やはりカッコ良さです。 CX-3より大きくCX-5よりコンパクトなサイズは、日本国内で走るには丁度いいサイズ感だと思います。 マツダは新型「cx-30」を日本では2019年9月20日発表し予約受注開始。10月24日に発売する。現在発売される同等クラス競合車種との比較を行ってみた。コンパクトクロスオーバーsuvと日本車のホンダ「ヴェゼル」トヨタ「c-hr」と比較して ヨコハマタイヤから、冬にこだわった2つのタイヤを紹介。スタッドレスタイヤの「アイスガード6」と新商品のオールシーズンタイヤ「ブルーアース4S AW21」。「氷に効く、永く効く、燃費に効く+ウエットと音に効く」。というのがアイスガード6のキャッチコピー。ヨコハマタイヤによると... 暗闇が見える!ベロフ「ナイトビジョン ドライブレコーダー システム」で夜のドライブがまったく変わる!! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 各方面からカッコよくまとまっていると評価が高いマツダCX-30。 ■加速フィール   9点/低速から早開きのアクセル特性だが、過敏すぎないので扱いやすい。

マツダは新型CX-30を日本では2019年9月20日発表し予約受注開始。10月24日に発売する。SKYACTIV-X 2.0搭載機種の販売開始時期は、2020年1月以降の予定。 価格:2,392,500円〜3,713,600円 欧州で2... ホンダは新型ヴェゼルにターボモデルを追加し2019年1月31日に発売した。今回は新たにガソリン車に1.5L i-VTECターボ搭載モデル「VEZEL TOURING・Honda SENSING」追加した。 価格290万3040円 201... ホンダは新型ヴェゼルのマイナーチェンジを行い2018年2月15日発表、16日に発売する。価格:207万5000円~292万6000円。 新型ヴェゼル マイナーチェンジモデル エクステリア 新型ヴェゼル マイナーチェンジモデル... トヨタの「C-HR」はマイナーチェンジを行い2019年10月18日に発売した。欧州では2020年モデルを2019年10月1日に発表した。 新型 C-HR マイナーチェンジについて 初のマイナーチェンジとなる今回はエクステリアとインテリア... トヨタは新型「グランエース」を日本にて2019年12月16日に発売する。トヨタの大型ミニバンである人気車種「アルファード」「ヴェルファイア」どの様な差があるのか徹底比較し... トヨタは新型「ヤリス」を日本では2020年2月10日発売する。ホンダも新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。どちらも同月発売で更に4代目の... スズキは「ハスラー」のフルモデルチェンジを行い2020年1月20日に発売。ダイハツは新型 軽クロスオーバー「タフト」を2020年6月10日に発売した。どちらの車種もクロス... 現在は現行ハリアーオーナーである筆者が新型RAV4に300km走行して違いについて検証してみた。RAV4とハリアーは同じトヨタ車であるがクロスオーバーSUVというジャンル... レクサス「NX」と「ハリアー」は同じトヨタ車であるが「クロスオーバーSUV」というジャンルにおいてライバル関係になる車。この2台はサイズはほぼ同様ながら価格、デザイン、な... RAV4とハリアーは同じトヨタ車であるがクロスオーバーSUVというジャンルにおいてライバル関係になる車です。この2台はサイズはほぼ同様ながら価格、デザイン、などで差がある... トヨタ 新型 カローラ ツーリング 用 モデリスタ カスタムアイテム 2019年9月17日に発売, ランボルギーニ 新型 ウラカン EVO STO 2020年11月18日 世界初公開, 日産 インフィニティ 新型 QX55 SUV クーペ 2020年11月17日世界初公開, ゼネラルモーターズ キャデラック 新型 エスカレード フルモデルチェンジ 日本 2020年11月13日発売, フェラーリ 新型 SF90ストラダーレ スパイダー PHEV 2020年11月12日発表. 最低地上高:170m,185m ■乗り心地     8点/ボディの上下動が小さくフラット。段差でのショックが若干ある。 ■動力性能 全高:1,540mm

■高速直進安定性  8点/横風耐性が高い。視界も低く安心感もある。LKASも優秀。 SUVとVTECエンジンの組み合わせに魅力を感じる方におススメ。キビキビしたハンドリングとエンジンフィールを楽しめるSUVとしてレアな存在。先進安全技術系のブラッシュアップが望まれる。, マツダCX-30 20S Lパッケージ 最小回転半径:5.3m〜5.5m

■ロードノイズ ■インテリアの質感 8点/レザーのダッシュボードは丁寧なつくりで落ち着く。ナビディスプレイは運転中に見やすい高い位置にレイアウトされており運転時に便利。ヘッドアップディスプレイもGOOD。 ■走りの質感    8点/良い。ロードノイズ、エンジン音が抑え込まれており快適。静かなセダンに乗った印象。 トレッド(前後):1,535m/1,540m 2020年10月22日、「レクサス」ブランド初となるEV市販モデル「UX300e」が発表されました。2020年度分は135台の限定で、商談申込み(抽選)の受付がスタートしています。申し込みはレクサスの公式Webサイト上から、10月22日(木)13:30から11月4日(水)23:59までの期間になり、当選者には... 2016年、ホンダは高性能2シータースポーツ「NSX」第2世代を発表しましたが、第3世代となる次期型を早くも予想してみました。満を持して登場した2代目は、そのハンドリングなどで高評価を得たものの、世界を振り向かせ、カルトファンを惹きつけた初代に比べインパクトに... 「スッと曲がる印象」トーヨータイヤの新スタッドレス 、オブザーブ・ギズツーが厳しい日本の冬を安心で楽しくする!【TOYO TIRES OBSERVE GIZ2試乗】.

■乗り心地     8点/ボディの上下動は小さくフラット。段差でのショックは若干ある。突起音は静か。片輪段差乗り越しではリアからの左右振れをやや感じる。ホワイトのレザーシートが滑る。 C-HRよりも後部座席や荷室の広さで定評があるので気になる存在です。, CX-30を購入する際は、C-HRとヴェゼルを試乗や見積もりで比較するのは必須だと思います。, 【CX-30サイズ】 排気量:1,496(L)

タンク容量:40(L) ■コーナリング性能 8点/適度は操舵力の重さで軽快、旋回切り増し、旋回ブレーキング安定高い。応答ゲインが低く軽快さがやや感じられない 今までにない未来的なデザインでハイブリット車仕様もあり、売れていて間違いなくいい車です。 ■居住性      7点/前席は広く快適。後席はSUVとしては狭く、ガラスエリアも狭いため圧迫感がある。 【新発売】ブリヂストン・ブリザックDM-V3とDM-V2の違いは?スタッドレスタイヤ.

街ですれ違う度に見てしまいます。, そして、ホンダのヴェゼルは、発売から多少の年月が経過していますがちょくちょくマイナーチェンジをしていてこちらもカッコいいです。現在のフロントマスクが発売当初よりも先進的になっています。 メーカー希望小売価格:2,075,000円(税込み)〜.

全幅:1,795mm デザインに優れたSUV。背高のマツダ3そのもの。マツダ3よりも応答ゲインがやや上がり運転のクセは少なくなり、一般的なSUVに近づいた。荷室は後席倒しにしても数値程の広さはない。, カテゴリー : ニュース・新車, エンタメ, 映像・動画, クリッカービデオ, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車, 試乗, 冬に備えたタイヤ選びはスタッドレス?オールシーズン? ヨコハマ アイスガード 6 & ブルーアース4S AW21を雪上試乗. いまでは多くの人の生活に必要不可欠となっているスマホ。ドライブするにも当然必須アイテムです。車内でカーナビアプリを使ったり、音楽を楽しんだりしている方も多いのではないでしょうか。こうした「スマホ派」の方にオススメなのが、スマートフォンと接続するだけで、アプリや音楽などの主要機能を大画面のタッチパネルや... ©2010-2020 CLICCCAR.

パイオニア カロッツェリアの「タブレットAVシステム」が超便利だった!. ■走りの質感    8点/軽快なアクセルレスポンスとサウンド、そして軽快なハンドリング、硬すぎない足の設定、そしてエンジンが主役というクルマ。

■エンジンフィール 9点/エンジンの回転上昇フィールがスムーズで心地よさを感じる。エンジンサウンドも中速以降で非常に軽快。 秋の夜長というくらいで、それと比例して日没時間もどんどん早くなっています。気がつけば、ドライブの帰り道でもう真っ暗ということもありますよね。そんな夜のドライブで重要なのが、言うまでもなくヘッドライト。実はクルマのヘッドライトはどんどん進化しています。以前はヘッドライトを... レクサス初の市販EV「UX300e」、2020年度分はわずか135台。価格は580万円〜635万円. 乗車定員:5名 最近、若い層を中心に、街中のカフェや電車内などでスマホより大きなタブレットを愛用している方をよく見かけます。それに、最近の新型車などを中心に、自動車メーカーの純正装備として、「それ、タブレットじゃないの?」といえるようなディスプレイを採用する車種も出てきましたが、実際に使ってみると、大きめの画面が... 目から鱗のクルマでスマホ活用法! パイオニア カロッツェリア大画面ディスプレイオーディオでいつものアプリ&音楽を!! ■ロードノイズ   7点/一般道(60km/h)、高速(100km/h)共に概ね静か。不快ではないが常に聞こえる印象。 そこで気にするのがC-HRとヴェゼルです。 マツダは新型「CX-30」を日本では2019年9月20日発表し予約受注開始。10月24日に発売する。現在発売される同等クラス競合車種との比較を行ってみた。コンパクトクロスオーバーSUVと日本車のホンダ「ヴェゼル」トヨタ「C-HR」と比較してみた。, 新世代商品として初の二桁シリーズとなる「CX-30」はCX-3とCX-5の中間サイズである 。ベースは新型「MAZDA3」となる。デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用。 車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用している。全方位で洗練されたダイナミック性能を実現。, マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」と世界初となる「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」採用した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を採用。, インテリアはメーターパネルを液晶化し、マツダコネクトは最新の「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」TFT 8.8インチのインフォテインメントシステムが搭載。「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」は運転中の操作は危険だとし、タッチパネルは非搭載で全てはコマンダーコントロールで操作で行う。車載通信機を標準設定。コネクティッドサービスとスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」の連動が可能。, よりスポーティとなった新型CX-30には、新世代4WDシステム、「i-ACTIV AWD」を搭載する。電子制御で駆動力を積極的にコントロールし、走破性能と燃費性能を高次元で両立。 多くのセンサーがドライバーの意図と走行状況を正確に検知し必要な後輪トルクを瞬時に演算・指令、不要な後輪トルクの伝達を抑え、ほぼ2WD状態で走行を可能にする。, 「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備する。眠りを検知し警告する「ドライバー・モニタリング」追従走行機能とステアリングアシスト機能「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」搭載。, アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加。TJA(交通渋滞アシスト)FCTA(フロント・クロス・トラフィック・アラート)DM(ドライバーモニタリング)TSR(交通標識認識システム)など最新の機能を採用。, ホンダは新型ヴェゼルのマイナーチェンジを行い2018年2月15日発表、16日に発売。エクステリアの変更が行われフロントのバンパーやグリルのデザインを変更。インラインタイプのLEDヘッドライトの形状を変更フロントグリルと一体化したデザインに変更する。 一部グレードにはLEDアクティブコーナリングライトを採用。LEDウィンカーを採用。(LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー) ではない。)カムチェーンの摩擦低減などによってガソリンモデルをJC08モード燃費20.6km/Lから21.2km/LにUPした。, 先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準装備。残念ながらマイナーチェンジした新型オデッセイに搭載されたACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)に渋滞追従機能(0km/h~約100km/hで作動)を追加されない。, ホンダは新型ヴェゼルにターボモデルを追加し2019年1月31日に発売した。1.5L i-VTECターボ搭載モデル「VEZEL TOURING・Honda SENSING」2.4Lエンジン並みのトルクによる力強くスムーズな加速と、優れた燃費性能、高い静粛性を実現、スペックは172psとパワーもトルクも素晴らしい。JC08モード燃費17.6km/Lとなる。通常モデルのヴェゼルに比べボディの剛性を向上、専用仕様のパフォーマンスダンパー、ヴェゼル初となるアジャイルハンドリングアシストを採用。, ホンダ 新型 ヴェゼル マイナーチェンジ フロントフェイス変更など 2018年2月15日発表 16日発売, フロントバンパー、リアバンパーの形状の変更。ヘッドライドの形状を変更し「3眼LEDヘッドライト」を採用。Gグレード以上からリアウィンカーの形状を変更し「シーケンシャルウインカー(流れるウィンカー)」を採用。1.2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボに6MTを組み合わせる。ハイブリッドモデルでは新型プリウス同様に全てのグレードでリチウムイオンバッテリーを採用。今までグレードにより搭載されていた、「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を標準装備。「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」後退時の死角を検知し、注意を喚起。を全車標標準装備。 全車で「セーフティ・サポートカーS(ワイド)」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。, いかがですか?新型CX-30のライバル車たちは各社の特色を活かした魅力的なモデルであることは間違いない。各社のターボモデルでの比較をしたがヴェゼルが他社と比較して最高出力127kW(172ps)と他を圧倒するスペックである。ただしターボモデルとしてはCX-30がディーゼルエンジンのためトルクと一番燃費がいい。MTを選択したい場合はC-HRとなる。CX-30には眠りを検知し警告する「ドライバー・モニタリング」追従走行機能とステアリングアシスト機能「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」の先進のシステムを採用しており、渋滞時でのアシストによりストレスや疲労軽減できるのはCX-30である。参考にして頂けたら幸いです。, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。. ■ロードノイズ   8点/一般道(60km/h)、高速(100km/h)共に静か。乗り心地も滑らかな印象。

最低地上高:140mm

最小回転半径:5.2m ヴェゼルのサイズスペックとレビュー動画. 乗車定員:5名 全幅:1,795mm 車の買い替えでCX-30を検討している方も多いと思いますが気になるのがライバル車の存在です。 公開日 2020/01/01 11:03最終更新日 2020/01/01 11:03, 近年の国内SUV市場は、ヴェゼルが2015年に71,021台、2016年に73,889台を販売し、国産SUV登録車販売台数1位を達成、このジャンルでは1人勝ち状態でした。しかし、2016年末にC-HRが登場すると、2017年はC-HRが117,299台、翌年の2018年も76,756台を販売するなど、2年連続で1位となりました。2019年は2台の白熱した戦いとなっています。, ちなみに、2019年11月はヴェゼルが2,909台、C-HRが5,097台という状況。10月末に登場したCX-30は2,690台という状況であり、ヴェゼルといい勝負となっています。もちろん、CX-30は、デビューしたての話題のクルマであったため、「新車効果」で多く売れている影響もありますが、それでもCX-5(1,321台)の倍を売り上げているなど勢いがあります。, 熟成されてきたヴェゼルと新進気鋭のCX-30。今回、この2台の操縦安定性や乗り心地、ロードノイズといった走りの違いを比較しました。, ■高速直進安定性

全長:4,395mm ガリバーの車比較サイトで、CX-30とヴェゼルを比べよう!2台のクルマのスペック・性能の違いが一目瞭然!中古車の購入をご検討ならガリバーで。ガリバーの中古車情報サイトは全車保証付きで安心の中古車探し。毎日約500台入荷する豊富な在庫。 エンジン:水冷直列4気筒横置 DOHC チェーン駆動 吸気2 排気2 ■コストパフォーマンス 8点/この性能とデザインを300万円ジャストで提供したのは驚異的。, □総合点 79点 ■コーナリング性能 8点/やや重ための操舵力。応答ゲインは高く軽快、コーナーでは機敏に曲がっていく。旋回切り増しや旋回ブレーキングも安定性が高い。 国産車、輸入車のSUVタイヤサイズ、スタッドレスタイヤ情報、メンテンスについてまとめています。. メーカー希望小売価格:2,290,000円(税込み)〜, 全長:4,330mm ■高速直進安定性  8点/車自体の直進性が高い。横風耐性も高く安定している。 そこで今回は、サイズなどを中心にライバル車の比較をしてみました。, もし、私が今CX-30の購入を検討していたら同じマツダのCX-5を必ず試乗して比較すると思いますがやはりボディーのサイズが違うので候補には上がらないと思います。 CX-8が発表された時、CX-5を大きくした印象で需要があるのかな?と思ったのですがかなりの人気があるそうです。 理由は、3列シート仕様なので家族が多くても快適、荷物がたくさん乗るのでキャンプなどアウ ... CX-3登場。狙いは次世代の都会派スタンダード・カー - フォト - carview! ホイールベース:2,640mm

ホンダ・ヴェゼルとマツダ・cx-30の「決定的な違い」とは? 全く異なる走りの2台【ヴェゼル&CX-30比較試乗】 公開日 2020/01/01 11:03

マツダ・CX-30のガソリン車とディーゼル車を乗り比べ。それぞれが異なるキャラクターを備える, クロスオーバーSUVのMAZDA CX-30にも「SPCCI」の「SKYACTIV-X」仕様が設定【新車】, ホンダが新型「CIVIC(シビック)」プロトタイプを11月17日にワールドプレミア!, オプション込み1000万円級でも完売したボルボ「V60 T8 Polestar Engineered」の内・外装をチェック, レクサスLS500はビッグマイナーチェンジでクルマに一体感が生まれたby清水和夫【SYE_X】, 運転して楽しい。トヨタ・豊田章男社長にも乗って欲しいEVが1位【私が選んだ2019年ベスト3】, インテリア比較で分かった使い勝手の大きな違いとは?【ヴェゼル&CX-30比較試乗】. クルマで!出先で!お家でも使える8インチタブレット!! タンク容量:43,50 ■乗り心地性能

トレッド:フロント:1,540mm(1,550mm)リヤ:1,540mm(1,550mm) ■コーナリング ホイールベース:2,610 mm ALL RIGHTS RESERVED. - 自動車 via kwout   以前より噂されていたマツダCX-3がいよいよ発売が近づき上記サイト ... マツダは、現在、魂動デザインで人気が絶好調です。 流れるような美しいデザインとグリルの統一デザインでブランド力が向上しました。 特にSUVタイプのCX-3とCX-5は他のメーカーにはない ... 流れるような綺麗なデザインで注目されている「マツダ3」 元はアクセラの後継車種となりますがガラリとモデルチェンジをして名称も変更されました。 実際に街で走っているファストバックを見ていますが際立つくら ... 今やSUVのラインナップが充実しているマツダで一番人気のCX-5の弟分に位置するのがCX-3です。 小回りが利くコンパクトサイズで女性ユーザーも多い車です。 他のメーカーにはないクリーンディーゼルエン ... Copyright© 男の車はSUV , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. ■走りの質感, コンパクトSUVの中でもハイトを低く抑えたヴェゼル。直進性能が高く、中速から高速へスピードを上げても、ステアリングの落ち着きがあり、運転していて安心感が高いです。特に高速走行になると、やや重ために味付けされた操舵力が、ステアリングの中立位置を適度に守ってくれるため、ドライバーは小さな負荷でまっすぐに走行することができます。, CX-30も同様に、クルマ本来の持つ直進性のポテンシャルが高い印象があり、こちらも走行していて安心感があります。やや細めのステアリングホイールはグリップの形状が手に良くフィットし、またドライバーの視界が低いことで安定していると感じることができ、安心して走行できます。, また、どちらも横風耐性が比較的高く、さらには優秀なレーンキープアシスト制御も備わっており、筆者としては、高水準で「引き分け」という印象です。, ヴェゼルは低中速(〜60km/h)からやや重ための操舵力なのですが、応答ゲインは若干高めで、交差点やコーナーで機敏な動きをします。また、旋回中の切り増しや旋回中のブレーキングでも、「グラッ」とする様な不安定な挙動にはならず、安定性が非常に高いです。, CX-30は、中低速から適度な軽さの操舵力であり、応答ゲインはやや低め、終始ゆったりとした動きをします。このため、2台とも最小回転半径5.3メートルと数字上は同じなのですが、CX-30はヴェゼルと比べると「向きが変わりにくい」と感じるでしょう。また、CX-30はコーナー中のギャップを上手くいなしながら、路面に張り付いたかのようなコーナリングする「乗用車ライク」な安定感があります。, 「キビキビ」か「ゆったり」か、これには正解はなく、個人の好みによりますので引き分けとしましたが、元気な印象があるのは「ヴェゼル」、ゆったり落ち着いた印象なのは「CX-30」です。, 2台のサスペンションセッティングはどちらも高速道路などでのボディの上下動は少なく、「フラット」な乗り心地です。両車とも18インチの大径ホイールを装着していますが、路面の継ぎ目を乗り越した際に起きやすい、「バネ下のバタつき」は良く抑えられており、不快な振動もなく快適です。, 試乗したヴェゼルツーリングに搭載されている「パフォーマンスダンパー」の恩恵があるのかもしれませんが、ボディにダンピングが効いているような印象をうけました。ただし、次項で取り上げるロードノイズはCX-30の方が静かに仕上げられている分、「ガツン」というような角のある段差を乗り越えても、若干まろやかに感じるのはCX-30です。, ただし、ヴェゼルはグレード別に16インチ、17インチのタイヤが選択できますが、CX-30は18インチのみ(※16インチはレスオプション)となります。ヴェゼルは17インチに下げれば、マイルドな突起乗り越しとなるでしょう。, ヴェゼルは低中速(〜60km/h)まではおおむね静かですが、高速走行となると常に「コー」というロードノイズが(不快ではありませんが)聞こえます。, 対するCX-30は、低中速から高速走行まで常に静かな印象です。「コー」という音が若干聞こえる程ですので、1クラス上の高級車に乗っているかのような印象をうけます。前述したようにノイズが少ないため、突起乗り越し時のショックも丸くなったように感じられ、滑らかな乗り心地になったように感じます。, ちなみにファストバックボディのマツダ3の方がCX-30よりもさらに静かだった印象がありますが(※筆者はマツダ3へ9点をつけました)、音を発生するパネルの面積が大きいSUVボディと大径幅広の18インチタイヤで、このロードノイズレベルを達成しているCX-30には驚きを隠せません。, 今回のヴェゼルツーリングに搭載されている1.5リットルVTECターボエンジンはエンジンの回転上昇がスムーズで、そのフィーリングには心地よさを感じます。エンジンサウンドも中速以降で非常に軽快で、キビキビ走る印象です。やや早開きのアクセル特性のため、アクセルペダルの踏み始めからクルマが前へ「スッ」と出ていきますが、過敏すぎない範囲ですので扱いやすく、きびきびとした走行ができます。, CX-30の2.0リットルNAエンジンは、パワフルではありませんが扱いやすい実用的エンジンという印象です。回転上昇のフィールはスムーズですし、早開きのアクセル特性でもありません。ゼロ発進のアクセル踏み始めは穏やかな加速であり、エンジンを回していくと早めに息つく印象があります。ラフにアクセルペダルを踏んでもジェントルに走れます。, エンジンのフィーリングを味わいたいという方にはヴェゼルツーリング、エンジンの存在感よりも静かな走りを好む方にはCX-30、という分類になります。, いわゆる「走りの質感」とは、操安-乗心地-音振-動力性能といった「動性能の総合バランス」と筆者は定義しています。, その前提でみると、ヴェゼルは軽快なアクセルレスポンスとサウンド、そして軽快なハンドリング、硬すぎないサスペンションの設定、気持ちの良いエンジンフィーリングなど、走りの質感が非常に高い一台と言えます。ロードノイズがあと一歩静かであれば、9点とさせていただくところであり、動性能的に非常に魅力のあるSUVです。, 対するCX-30は、ロードノイズの静かさ、抑え込まれたエンジン音、静かなセダンに乗ったような乗り心地など、上質というキーワードが似合うクロスオーバーSUVです。ただし、こちらも9点とならなかったのには、マツダ3ほどの静粛性を感じなかったためです。, マツダ3で感じた、「カーペットの上をローラーで走るような静かで滑らかな乗り味」があれば、さらに高い「走りの質感」となるでしょう。, 登場後約6年目となるヴェゼルですが、その走りにはコンパクトSUVとしての魅力が依然としてあります。特にエンジンのフィールやサウンドに関しては、筆者はCX-30よりも魅力的だと感じました。SUVは荷物をたくさん積んで長距離を走ってこそ価値がある、という基準は王道だと考えています。「エンジンが主役」というヴェゼルツーリングに惹かれる方は多いでしょう。, CX-30は国内メーカーの中でも屈指の「静かで上質なSUV」です。ですが、その方向はすでに海外メーカーが先行しています。筆者としては、マツダ3で見せてくれた「癖のある乗り味」で、我々のようなクルマについて書く人を悩ませるような「驚き」がなかったのがやや残念な点です。, CX-30からマツダらしさを感じられるのが「素敵なデザイン」だけとなると、それはまた寂しいものです。その穴をスカイアクティブXエンジンで達成されているか否か、2020年1月下旬に登場する予定のCX-30 スカイアクティブXエンジン搭載車を楽しみに待ちたいと思います。, ホンダヴェゼルツーリング

中井りか Showroom Youtube 19, 義父 嫌い 会いたくない 5, ビジネス マナー研修 ネタ 10, 通信型 ドライブレコーダー Samly 4, Fbi 特別捜査班 キャスト 9, 妊娠糖尿病 再検査 ブログ 14, 君の膵臓をたべたい ロケ地 アニメ 4, Paradise Lost 歌詞 グラブル 18, 角膜 ジストロフィー と白内障 5, 来る 映画 評価 10, 言の葉 の庭 読書感想文 18, Zoom 加工 パソコン 12, ドラッグ オン ドラグーン ラスボス 8, 太田 松之丞 ラジオ 18, スタジオクリップ ローソン 口コミ 6, Michiyo 編み物 インスタ 13, Ark 卵 産む速度 5, ビルダーズ2 クリア後 ハート 38, モンテクリスト伯 1話 動画 38, 砂時計 ドラマ 杏役 11, タブレット ヤフー 開か ない 5, 廃校 宿泊 大阪 5, 非モテ 諦め 2ch 6, 東京女子図鑑 恵比寿 レストラン 51, 遺言書 文例 全財産 4, 平成ライダー ヒロイン 心不全 14, ハッカ油 虫除け 作り方 登山 26, 秘密 に 堕 つ シーモア 4, デンソー 高卒 仕事内容 7, まりん 名前 海外 4, マイクロソフト ホワイトボード 使い方 11, ロバート コント Cm 8, 人事 考課 めんどくさい 8, Pso2 エレボス 集め 16, Spoon バスター 換金 32, 櫻井 有吉 The 夜会 綾野剛 動画 11, Word 矢印 改行される 5, Fia F4 中古 19, モンスト 可愛い 運 極 7, ドニゼッティ 歌曲 有名 11, アズール ドライブレコーダー ミラー 6, スマホ壁紙 白石麻衣 壁紙 6, Just The Two Of Us アドリブ 4, F 03l ステータス アイコン 17, 北海道新幹線 札樽トンネル 銭函 22, アリババ 歌詞 アラジン 34, ウォン 価値 低い 11, トーマスレッツゴー大冒険 ハロルド 折れた 21, Peach グランドスタッフ 採用 5, 一本勝ち Xm 設定 8, 出雲大社 縁結びの糸 5円玉 作り方 17, 金魚 アオミドロ 食べる 34, スマホを落としただけ なのに 音尾 33, カワチ 高萩店 チラシ 26, 川崎市 公務員試験 倍率 5, メロン 柔らかい 腐る 9, トヨタ 全車種販売 Cm 4, 日勤 給料 安い 9, マシュマロ 溶ける 温度 17, Nhk World Japan 出演者 6, 電動ガンボーイズ 威力 改造 18, 成田凌 与野 実家 9, ロードレース インターハイ 2020 場所 4, 安室奈美恵 Hulu Dvd 9, この素晴らしい世界に祝福を 17巻 ネタバレ 6, 晴れる屋 大阪 福袋 8, フロンターレ リミテッドユニフォーム 2020 10, 布袋寅泰 スリル 江頭 15, Arduino スイッチ カウント 9, 藤沢 弓道 初心者 4, ピタゴラスイッチ スー イラスト 5, ヒロアカ 夢小説 轟 男主 4, 二葉亭四迷 夏目漱石 関係 4, 猛暑日 日数 推移 24, 家事 や ろう 曲 7, 炭谷銀仁朗 盗塁阻止率 2019 9, ユニクロ 北千住 マスク 6, キンプリ 神宮寺 うざい 6, 職場 聞き耳 を立てる 人 11, ジャニーズ レギュラー番組 本数 12, ワイルドスピード インプレッサ エアロ 4, 塩麹 食品成分表 番号 19, Generations ダンス 上手い 7, Sail Away 意味 4, 紅白 2018 動画フル 44, 鷹の祭典 2020 チケット 8, Relaxing 意味 形容詞 5, 嘔吐シーン 映画 ドラマ 16, かしこまりました 承知しました 電話 31,