2020年3月20日に熱愛が発覚した菅田将暉さんと小松菜奈さん!

単なる強がって尖っている不良ではなく、ものすごく繊細で壊れそうで神々しい存在。 大友…

狂信的なファンが襲いに来たのは本当なのか コウちゃん… 私はコウちゃんはあの日に死んでしまってこれは夏芽の願望なのかと深読みしてしまいました。 まぁこの点が非常に引っかかったのですが、全体としてロケをした和歌山の自然風景はとても美しいし、特に海の(水の)撮り方は素敵でした。なんか意味もなくしょっちゅう、二人は服を着たま� 15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽。退屈でウンザリするようなこの町で、夏芽は体を貫くような“閃光”と出会ってしまう。それは、コウと呼ばれる少年・長谷川航一朗だった。傲慢なほどに激しく自由なコウに、反発しながらも、どうしようもなく惹かれてゆく夏芽。コウもまた、夏芽の美しさに対等な力を感じ、やがてふたりは付き合いはじめる。「一緒にいれば無敵!」という予感に満たされるふたり。しかし浮雲の夏祭りの夜、全てを変える事件が起きるのだった―。失われた全能感、途切れてしまった絆。傷ついたふたりは、再び輝きを取り戻すことができるのか。未来への一歩を踏み出すために、いま、ふたりがくだす決断とは―。, 原作は少女漫画で本屋さんで並んでるのは見た事あるものの、読んだことは無い作品でした。, ストーリーが進むのが遅く、うじうじしてるように感じる主人公たちにモヤモヤする人もいるんだろうなあと。, 私は映像がただただすきでした。キャスト陣が流行りの俳優陣というのもありますが、みんな綺麗なんですよね。ひとつひとつが様になるなーって思いながら見てました。, 個人的にはカナが高校生になって垢抜けすぎてビックリしました。もう少しカナを登場させて欲しかったです。最後に巻き込まれてしまっただけのように感じられるのが少し残念です。夏芽も小松菜奈がアンニュイな美人すぎて夏芽としては違和感があるのですよね。ワガママを言うようなシーンでは、違和感が少しあります。しかし高校生になってからのシーンはほんとに大人に成長したように感じられるので夏芽という小松菜奈を受け入れやすくなります。, 少女漫画が原作となってるだけあって、結構無理やりな設定が多い気もしました。あと方言。岡山弁のような広島弁のような。岡山在住の私からしたら、あんなに語尾に「じゃ。」ってつかないってなります。しかもあんな若い子達に。東京生まれとのさを出したかったのだとは思うのですが。, あと挿入歌が謎でした。歌詞は繋がりはあるとは思うものの、その曲調??みたいな感じになる人は多いと思います。, この映画のいいところは映像美と勝利のカッコ良さや演技力な気がします。邦画のゆっくりした時間の流れに耐えられる人には面白い作品だと思います。, 望月夏芽は東京でモデルとして活躍していたが父親の実家の旅館を継ぐ都合で浮雲町に越してきました。, 夏芽は父親と母親、弟の竜太と越してきたものの、東京と違って田舎である浮雲町を良くは思っていませんでした。歓迎の宴会から抜け出し街を散歩していると赤い鳥居から透き通るような金髪の少年が海の中から現れました。そこは神様のいるところだから近寄っては行けないと言われていた夏芽は驚きました。, 翌日新しい学校へ行くものの夏芽は注目の的でした。夏芽はモデルとしても有名だったためみんな夏芽に興味津々でした。教室の片隅には夏芽に興味無さそうに外を見ている金髪の少年がいました。彼は長谷川航一郎といいみんなからは「コウ」と呼ばれていました。, 赤い鳥居は街からはとても大切にされており、夏芽も入ったら行けないとクラスメイトである松永カナに教えてもらいます。その横でコウの友達である大友勝利も頷いていました。, 夏芽はまた鳥居のある海岸に行くとコウが海辺に寝そべっていました。夏芽は神様を信じないんでしょとコウにいいますが「神様は在る」と平然と返答してきました。夏芽は海が「綺麗」と感嘆していると、コウが夏芽をつかみ共に海へ落ちました。, コウは笑いながら「俺はええんじゃ。海も山も川も好きに遊んでええんじゃ。この町のもんは全部俺のすきにしてええんじゃ」と言います。コウは浮雲町を支配している長谷川家の息子でした。学校も好きな時に来たり来なかったりの日々でした。, 夏芽の元へ東京から連絡が入ります。写真家で有名な広能昌吾が夏芽の写真集を作りたいという話でした。夏芽はその話を受け写真集を出すことになりました。「モデルを干された」と意地悪を言ったコウを見返してやろうという気持ちもありました。, 広能は浮雲町にやって来て夏芽を見ながら「君はカメラの前でしか息が出来ないんだね」というのでした。山のなかで撮影が始まるとコウが現れ石をぶつけてきます。そのまま立ち去るコウを夏芽は追いかけます。追いつけず横たわる夏芽を広能は気にせず撮ります。広能は夏芽はコウのものなんでしょと平然と言いました。浮雲町のものはコウのもの。夏芽もこうのものでした。, カナもコウと夏芽の仲を応援してくれているようでした。コウと夏芽の距離は近づきキスまでしました。, 写真集が話題になり、映画の話が舞い込みます。夏芽はコウに自慢します。そしてそばにいて欲しいと言ってもらおうとしますが、コウはつまらんと言うだけでした。自分の意思がある夏芽が魅力的なのでした。コウと夏芽は共に持っていた数珠を交換します。お互いを守れるようにと。, 浮雲町で「火祭り」という祭りが開催されます。それを見に都会から蓮目という男性が夏芽の旅館に泊まりに来ます。火祭り当日は夏芽は参加できません。女人禁制の祭りのためコウのことを見守ることにしました。浴衣を着つけてもらい、コウとデートします。強引で振り回されますが、それすらも気にならないくらい夏芽もコウを振り回します。, 火祭りが始まると泊まってる蓮目が祖父が倒れたと言い無理やり夏目を連れていきます。するとコウの数珠がちぎれ嫌な予感がします。その場にいたカナに聞くと男性に連れていかれたと言います。, 祖父は元気に犬を探しており、蓮目が夏芽を連れ去ったのだと分かります。蓮目は写真集をみたただのストーカーでした。夏芽は襲われかけますがコウが助けに来てくれ、最悪の事態は免れます。蓮目は警察に連れていかれます。しかしネットには夏芽のことがかかれ、噂は広がりました。, 高校生になった夏芽は周りとは馴染めずにいました。周りが派手な格好をするなか、1人地味な格好をし地味に生きていました。クラスでもどこでもレイプされたという噂が飛びまわり陰口の的になっていました。勝利やカナは夏芽のことを気にかけていましたが、カナは新しい友達が出来オシャレを知り垢抜けていきました。, 勝利は孤立した夏芽を気にかけてくれていました。勝利からコウが高校に入ってから悪い人とつるむようになったと聞きます。喧嘩に明け暮れているとききますが、コウと夏芽は既に別れていました。勝利とともに帰ってるとバイクに乗ったコウとすれ違いますが何も言えませんでした, コウが気になった夏芽は港に行き「私ずっと待ってたんだよ」と言いますが気にもとめずコウは笑います。ボートで沖にでますが夏芽はコウを責めます。「どうしてあの日やっつけてくれなかったの」と問いますがコウは「俺たちは幻想を見合ってたんじゃの。」と笑います。「あの手で私の喉に触ったでしょ」と言いながら夏芽はコウを海へ突き落とします。, 2人で海面に顔を出すと「不細工な顔」とコウは笑います。「おれは痛々しゅうて、お前の顔みとれんわ」というと夏芽は「もっと綺麗に生きていきたかった」と言います。「お前の人生に巻き込まれるのはゴメンじゃ」とコウは夏芽を突き放しました。, 夏芽がずぶ濡れで帰ると勝利と弟が遊んでいました。勝利は夏芽を連れ出し他愛のない会話をしてくれました。風邪をひいた夏芽を勝利は見舞いに来てくれます。「おれが笑わせちゃるけ。何でもしてやりたいんじゃ」といい、2人は交際を始めます。, 夏芽の元へ広能が撮る映画の話が舞い込みます。その脚本にはレイプシーンがあり夏芽は断りますが高校まで口説きに広能がやって来ましたが夏目を見て「撮る気がなくなった」といいます。「君とだったらもっと遠くまで行けると思ったんだけどね」と言い残し去っていきました。, 悔しくてなく夏芽はコウと会った海へ向かいます。喧嘩をしボロボロになったコウがやってきます。介抱しながら, 「自分をすりへらすような真似しないでよ。こうちゃんだけでもキラキラしたまま生きていて欲しいの」と言ってしまいます。, 「じゃあ私たちあいつの呪いにかかったまんまなんだね!!心中したんだね。一緒にダメになっちゃったんだね。ねぇ、海も山もこうちゃんのものだよ。そういうふうに触ってよ」, 「こうちゃん、2人で浮雲から逃げちゃおっか。」と夏芽はいいますが「会うのが最後じゃ。俺のことなんか追い越してくれや。おれは神さんと生きていく。遠くに行けるのがお前の力じゃ。お前に何もしてやれんのじゃ。もう姿見せんでくれ」といわれ夏芽は帰宅します, 夏芽は映画に出る決心をし勝利に別れを告げます。しかし勝利はコウが関係していると気が付きます。「俺じゃダメなんか?」と聞かれても「嫌いになって」といいますが、「大好きじゃ」と真っ直ぐに勝利は言ってくれます。泣き出した夏芽に「笑ってよ」といい「俺ら東京さ行ぐだ」をカラオケを歌ってくれます。泣いていた夏芽も笑ってしまいます。最後にはふたり笑顔で「友達じゃ」と言い合います。, 最後に火祭りをみて夏芽は旅立とうとしますが、一年前に夏芽を襲った蓮目が再び夏芽に襲いかかります。抵抗し、コウに助けを求める夏芽は誰かの声がし蓮目が居なくなったところで気を失います。目が覚めると先程までの出来事が夢のように感じます。火祭りは通常通り行われていました。しかし夏芽は思い出します。, コウが助けてくれたこと、殺そうとしたところでカナが止めること、しかし気を失ってる夏芽の目の前で蓮目は自殺しました。カナは気がついた夏芽に「明日全部沈めるけぇ、もうこうちゃんには近寄らんで」といいます。, 夏芽はそれから東京へ行き女優として活躍します。広能から「呼吸できてるね」といわれ微笑みます。夏芽のなかにはずっとコウがい続けました。, 浮雲町にとっての神様は海の側に立つ鳥居。海の守り神的な存在だと思います。だからこそ、神様のいる神聖な海を汚すと海が荒れるとなるのです。, その神様に奉納するのが火祭りなのだとおもいます。その重要な役目にいたのは長谷川家の息子であるコウです。浮雲町になくてはならない存在は神様ですが、それを祀っていくには長谷川家が必要です。, 街にとっては神様の遣い≒コウ(長谷川家)なのですが、夏芽にとってはコウ自信が夏芽だけの神様のように思えているのではないかと。自由に我が物顔で過ごすことが許されているコウを見て余計にその思想が強くなったのだと思います, だから神様であるコウに全てを捧げても良いと思っていたけれど事件が起きて、コウは夏芽にとっては神様ではなくなった。神様は人々(夏芽)を守るべき存在だったはずなのに現実は何もすることが出来ない少年少女だった。しかし恋心は消えずその葛藤にあったのではないでしょうか, コウ自身は神様でないことをきちんと分かっていたからこそ「俺たちは幻想を見合ってたんじゃの。」という言葉に繋がったのではないでしょうか。, 殺したと言うよりは蓮目の自殺ですよね。しかし夏芽が目覚めた時には全てが終わっており、走馬灯のように流れるだけです。, 実際蓮目というストーカーが死んだからこそ、カナはナイフを隠し持って海に捨てたのだろうし、多分遺体も隠したのだと思います。そして次の日に全て海へ流してなかったことにしたのだと思います。, 蓮目は夏芽に芸能界復帰をさせるつもりはなく「十字架」として夏芽に覆い被さるつもりでした。, カナがコウに近づかないでと言ったのは夏芽を疫病神のように思っているからです。夏芽さえいなければ、そんなことは起きず浮雲町もずっと平和だったのにと。だからもう何も乱さないでという気持ちもあったのだと思います, 夏芽は東京へ行き、コウは浮雲町へ残ります。それが彼らに課せられた呪いなのだと思います。, 夏芽は生まれ持ってのカメラの前でしか生きられない少女です。それが夏芽にとっての呪い。, コウ自信も長谷川家の息子として浮雲町てま代々守っていかなければならない神様や火祭りが呪い。, 2人が結ばれるというのは到底無理だったのですが、二人の関係が交差してしまったため、恋に落ちたのですが、呪いは溶けるものではなくタイムリミットがある恋愛でした。, 呪いによって結ばれなかったものの、2人はお互いに神さんという繋がりがあるから大丈夫だよねというオチなのだと思います。, たくさんの考察ができる映画でもあると思っています。たくさんの秘められた謎を読み解きたいとおもえてきます。, 俺はええんじゃ。海も山も川も好きに遊んでええんじゃ。この町のもんは全部俺のすきにしてええんじゃ, 自分をすりへらすような真似しないでよ。こうちゃんだけでもキラキラしたまま生きていて欲しいの, じゃあ私たちあいつの呪いにかかったまんまなんだね!!心中したんだね。一緒にダメになっちゃったんだね。ねぇ、海も山もこうちゃんのものだよ。そういうふうに触ってよ, 会うのが最後じゃ。俺のことなんか追い越してくれや。おれは神さんと生きていく。遠くに行けるのがお前の力じゃ。お前に何もしてやれんのじゃ。もう姿見せんでくれ, タクシー運転手に聞いた怖い話。いろんな人を乗せるからある恐怖体験は?幽霊よりも人間の怖さ?, 【映画】あなたの名前を呼べたなら あらすじからネタバレ結末 インドの格差差別問題とは?. !最高の10年じゃった。これ超える少女漫画にはもう出会えん気さえする。, 勢いにまかせて突っ走る青春の悪あがきを描く、純愛で激情の不思議キャラがなぜかリアルな溺れるナイフっていう少女漫画が私のいっとうお気に入り漫画だったんだけど、多くの例に漏れず終盤で迷走するタイプの漫画だったからちゃんと最終回まで追えて嬉しいもののいまいち釈然としない 笑, 溺れるナイフ、、、、、、サイコー‼‼‼物語もアゲサゲ、最終回もアゲサゲありながらの結末(꒦ິ⌑꒦ີ)絶対苦しいはずだけどこんな恋愛したい‼10年の間に私も母になったからもう無理だけどw だいっ好きな漫画でした!最高!全能感ッッ‼, 溺れるナイフ、とうとう最終回。この時を待っていたけど何だろう…これから何を楽しみに生きてけば良いの。笑 原作だと犯人は「スキャンダルを起こして夏芽の人生を封じ込めてやる」と襲いに来て、最終的には焼身&投身自殺をするようですが、映画だと刃物で自殺?するような感じです。 【映画】溺れるナイフ 一生ぶん、恋をした。 あらすじ 予告 キャスト 感想 ストーリーネタバレ 考察解説 2人にとって神さんとは何だったのか ラストは蓮目を殺したのか 2人が結ばれなかったわけ まとめ あらすじ 15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽。

ただ、「海辺の町、旅館、東京からやってきた女の子、地元の男の子との淡い恋、レイプ事件、彼女を守れなかった男の子」この辺のキーワードが「怒り」とかぶってしまってちょっと残念でした。  また、この映画は、原作の漫画とともに「輝く神のような存在の男の子(コウ)を見つけてしまった女の子(夏芽)」を主体に描かれますが、ポイントはコウの方でも夏芽のことを「手の届かない高みにいる存在」と感じていることです。お互い、相手に届きたい、失いそうで怖い、そんなギリギリの感情で相手を求める恋愛は、観る者の心を強く揺さぶります。

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 私はコウちゃんはあの日に死んでしまってこれは夏芽の願望なのかと深読みしてしまいました。, まぁこの点が非常に引っかかったのですが、全体としてロケをした和歌山の自然風景はとても美しいし、特に海の(水の)撮り方は素敵でした。なんか意味もなくしょっちゅう、二人は服を着たまま海やら川やらに飛び込むんですよ。 夏芽の才能を見抜き、磨きをかけて花開かせるキーマンになる人でいてほしかったのですが、どうみても胡散臭くて速攻ヤリ逃げしそうな感じだったから。, しかしなんといっても菅田君はすごいですね。この映画は彼で持っているようなものです。 映画『溺れるナイフ』を観た。俳優の菅田将暉さんが演じるコウちゃんの宗教性に、同じく菅田将暉さんと米津玄師さんが歌う『灰色と青』の歌詞と似たものを感じたので、ごく個人的な記録として書き留めておこうと思う。, ※原作未読です。ネタバレ・個人の解釈を多分に含みます。閲覧は自己責任でお願いいたします。, コウちゃんははじめからずっと、夏芽にとって神のような存在だった。初対面のとき、夏芽を目に留めたコウちゃんは一瞬で間合いを詰める。夏芽は思わず腰を抜かす。, 「この島のもんはみんな俺のもんや」というコウちゃんは、森の斜面をものともせず自由に逃げ回る。追いかける夏芽はコウちゃんを捕まえることができず、その場に膝をつく。, はじめは掴みかかる勢いで詰め寄るも、結局座るコウちゃんの膝元にへたり込んでしまう。, 夏芽は常に、コウちゃんを見上げる視点にいるのだ。コウちゃんを前にすると、自然と跪いてしまう。何か圧倒的なものが、夏芽から見たコウちゃんにはあったように思う。, 島のみんなが信仰する、「神さん」。その神さんを祀った祠の前で、夏芽が手を合わせるシーンがある。, では、夏芽にとっての神様とは誰なのか。言うまでもなく、コウちゃんである。祠で手を合わせた後、夏芽は偶然にもコウちゃんと再会する。それは夏芽にとっての神様がコウちゃんであることを暗に示しているだけでなく、夏芽自身に「やはり自分にとっての神様はコウちゃんなのだ」と再認識させた重要なシーンであるように思う。, 夏芽がレイプ被害に遭い、助けに来たコウちゃんも暴行を受け夏芽を救うことができなかった。その頃のことを、後に夏芽は上述の台詞で責める。, コウちゃんが助けに来てくれた時、夏芽はこれで助かると思った。だがそうではなかった。背後から襲われたコウちゃんがボロボロになるまで殴られ、咄嗟に逃げたが逃げきれず、夏芽はレイプされたのだ。彼女の台詞や表情からは、唯一絶対の神が目の前で倒れてしまったことによる絶望や憤りが感じられた。, 夏芽が島に越してくる前から、島の人はコウちゃんを「特別」な存在として見ていた。それは彼の家柄や家庭事情によるところも大きかったが、「この島のもんはみんな俺のもんや」という彼の自尊心の大きさも、その要因の大部分を占めていたように思う。しかしその後夏芽と出会い、コウちゃんは美しい彼女から崇められるようになる。その、「自分は夏芽にとって『神さん(神様)』のような存在である」という自負心こそが、徐々に彼を「神様」たらしめていったのだということが、この台詞からわかる。, コウちゃんがやられてしまったこと、そしてそれにより夏芽を救えなかったこと。これらの出来事そのものというより神が人へと堕落してしまった事実が、2人を絶望へと突き落とし人生を狂わせたように思う。, コウちゃんがいれば他に地位も名誉も要らなかった夏芽は、なぜ島を離れて芸能界に戻る決意をしたのか。それは彼女が出演した映画で主演女優賞を獲り、インタビューを受けているシーンの独白で語られている。, 「人への堕落」があった後も、夏目の中でコウちゃんは神様であり、いつまでも自分のずっと先を行く存在であることは変わらない。だから夏芽は、自分が芸能人として認められることで、相対的にコウちゃんの地位の高さを実感することにしたのだ。自分が社会から評価され続ける限り、コウちゃんはあの頃の神様のまま、夏芽の思い出の中で輝き続ける。それが、地に堕とされた者に残された生きる道だったのかもしれない。, この曲では、僕から見た「君」の圧倒的な力強さが描かれている。君はまるで救世主のように、僕を何度も救ってきた。そしてこれからも君の存在が、僕を救っていくのだろうということがわかる。, これは私の解釈だが、靴を落としたのは僕で、探して走り回ったのが君であるように思う。もしかしたら日が暮れていたかもしれない。心細さで僕は泣いていたかもしれない。それでもきっと、君は僕を先導して茂みに入っていく。そんな光景が浮かんだ。僕はそんな君の、頼もしい背中をずっと覚えているのだろう。, 幼い頃の友人関係にはよくある、無敵感や全能感。それらが、君と僕のあいだにもあった。そうした記憶は、往々にして無敵ではなくなった後も人を救う。僕もおそらく、これまでに何度か救われてきたのだろう。君との記憶に。そして同時に、君がそばにいない今を思い、空虚な気持ちになるのだろう。それが「今はなんだかひどく虚しい」という歌詞に表れているように思う。, Cメロで、僕はひとりブランコに腰かけて歌い出す。徐々に伴奏が消えていき、後ろで鳴るのは時を刻み続けるメトロノームの音だけになる。静かな僕の声が「君に会いたい」と漏らした本音。そこから拍を置かずに君の渾身の叫びが入る。, それはまるで、僕の沈黙や孤独、闇を切り裂いて差し込む一筋の光のように、離れている僕のもとまで力強く届く。「変わらない何か」は確かにあるぞ、と。こうして僕はまた、君に救済されるのだろう。, この曲の最後のフレーズだ。曲を通して、僕と君とは常に対比されているように思う。陰と陽。電車とタクシー。灰色と、青。, 何が灰色で何が青か、曲中で明確に語られてはいない。それでもなんとなく、灰色が僕で、青が君であるように聞こえてくる。, だとすれば、僕の歌う「始まりは青い色」という歌詞の指す青は、明けゆく空だけでなく君の比喩でもあると言えるだろう。いつだって何かを始める時、僕にとってその道を切り開いて手を引いてくれるのは、君の存在なのだ。, MVの中で、君と僕の対比は実はもう一点ある。君が喫煙している、という点だ。曲中、君はやさぐれたような表情で煙草を吸いながら左側のブランコに座っている。おそらく今の君は、僕の記憶のままのキラキラして無敵な存在ではではなくなっているのだろう。ちょうど、『溺れるナイフ』の作中でコウちゃんが神から人に堕落してしまったように。それでも僕は、記憶の中のかっこいい君を追い続けている。それもまた、夏芽が過去のコウちゃんのかっこいい姿を追い続けているように。, それは1番と同じ歌詞でありながらメロディにはアレンジがなされており、曲中で最もメッセージ性の強い叫びに感じられる。そう、実は「変わらない何か」を強く信じたいのは君の方なのだ。, おそらく、僕が君との記憶に救われていた時、君もまた僕との記憶に救われていたのだろう。僕が君の中に「始まりや変化の青」を感じているのだとすれば、君は僕の中に「不変の灰色」を感じている。それぞれ、互いには持ち得ない色で、意図せず互いを救済しているのだろう。, 『溺れるナイフ』と『灰色と青』。この2つの作品に共通しているのは、菅田将暉さんが演じるキャラクターが主人公にとって「救済」の意味をもつということだ。それも本人の意図しないところで。, 現実のキャラクターはもちろん普通の人間で、主人公を必ず助けるヒーローでもなければかっこいい救世主でもない。主人公も、おそらくそれはわかっているはずだ。しかし彼女/彼の記憶の中で菅田将暉さん演じるキャラクターはいつまでも色褪せないままで、その姿を彼女/彼は尊く思っている。まるで信仰の対象であるかのように。, そんな人間離れした宗教性を表現できるのが、菅田将暉さんという俳優のもつ魅力なのだと思う。, 役者として生きる彼の、役の手前にある力強さ。そこに高い演技力・表現力が加わって、あの雰囲気が生まれているのだろう。私が灰色と青を聴くたび胸が揺さぶられて泣きそうになるのは、きっとそういう雰囲気にある。, 不思議な魅力をもつ菅田将暉さんの他の作品も、これからチェックしてみたい。みなさんももし、おすすめがあれば教えてください。, #溺れるナイフ #灰色と青 #感想 #考察#コンテンツ会議 #映画考察 #歌詞考察 #考察コラム#菅田将暉, よろしければサポートお願いします。頂いたサポートでエッセイや歌集を読み、もっと腕を磨いていきます!, 東北育ちの都内OLです。モットーは「ことばでこころをあたためたい」。Twitterはこちら→@ewis_0411_note.



シュウェップス ビターレモン 売ってない 8, 一読 させ ていただきました 5, 吉田 鋼 太郎 Sns 8, バキ 技 実際 16, ひふみ ラップ 歌詞 15, 自動車メーカー 総合職 年収 27, 3年a組 ナイフ 種類 7, Office365 会議室予約 一覧 56, 原田 秀雄 不動産 8, まごころを君に アスカ 死 45, How Is Your Day So Far 返事 10, 天気が 悪けれ ば 英語 4, 長崎西 バスケ 推薦 8, ポケモンgo 埼玉 巣 6, ドコモ ハッピーポイント ログイン 5, チャラ男 本命 態度 29, おはぎ 由来 怖い 15, クレイモア プリシラ 嫌い 18, 妖怪ウォッチ 真打 キラキラ コイン 15, オメガルビー グラードン 捕まえ方 7, 意識高い 人 なんj 5, 寝かせ玄米 いろは おはぎ 6, Leawo Dvdコピー 評判 30, 月 占い 無料 12, まねきねこ アプリ 退会 18, 日向坂 ロゴ 壁紙 7, サザン オールスター ズ はっぴいえんど Mp3 47, あつ森 ははの手作りケーキ 時間操作 34, マレーシア プロトン 自動車 4, パーソナルカラー診断 池袋 西武 7, 虹色デイズ キャスト 予想 12, 虹 待ち受け 恋愛 24, 転生 竹中 半兵衛 Wiki 7, ブラッディ マンデイ 矛盾 9, Th 49gx500 寸法図 4,