そこで、3曲を披露する予定。 ホムクル - ニュースの女王決定戦 - R30 - タイノッチ - 国分太一 TOKIO ザ・ライド - 国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉 - すぽると! - クイズ 100人力 - ラジオ黄金時代 - ビビット - 思い込みは一生の恥!クイズ本当にそれでいいんですね? JUMP、Sexy Zoneの5組で、このうち紅白歌合戦の司会を務めた嵐の二宮和也は生中継放送中には間に合わず[7]事前収録での出演となり、嵐は二宮を除くメンバー4人が二宮のお面を用意し、出演者全員がお面を使って盛り上げた[44]。, ライブではNEWSの15周年メドレー、各グループのメンバーをシャッフルしたスペシャルユニットで楽曲を披露する「ジャニーズシャッフルメドレー」、他グループの楽曲を披露する「ジャニーズグループチェンジメドレー」などが披露された[44]他、出演を告知されていなかった[42]中丸雄一、上田竜也が登場し、KAT-TUN3人でグループの再始動を発表[46]、同時に1月期放送の亀梨主演ドラマ『FINAL CUT』の主題歌「Ask Yourself」が初披露された[44]。, 本公演恒例の年男ユニットは「ワンワンシックス」で、城島茂(TOKIO)、櫻井翔、相葉雅紀(以上、嵐)、村上信五(関ジャニ∞)、中山優馬、中島健人(Sexy Zone)の6名で構成され[44]、「ワンワンシックスSPメドレー」として近藤真彦やSMAPの曲などを披露した[47]。, また中継開始前だが、ライブのトップバッターを務めたKis-My-Ft2の歌唱中、『中居&ナイナイの日本一周 72時間ホンネの旅』の一環として、中居正広(元SMAP)と岡村隆史(ナインティナイン)がブラックスカル姿でダンスを披露した[48]。中居が本公演に出演するのは1986年にジャニーズ事務所に入所してから初めて[49]。, 2018年12月31日から2019年1月1日にかけて開催、23時45分から0時45分までの時間帯に中継された[50]。司会は国分太一(TOKIO[注釈 11])と井ノ原快彦(V6)が担当[51]。視聴率は歴代最高の15.5%(関東地区・世帯・リアルタイム。ビデオリサーチ社調べ)を記録[8]。, この年は近藤真彦、東山紀之(少年隊)、V6、嵐、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone(VTRのみ、観覧組)、京セラドーム大阪から関ジャニ∞、帝国劇場からタッキー&翼とA.B.C-Z、ふぉーゆーらが出演した。, NYCは中山優馬が労働基準法に触れるため、中山のみ事前収録での出演となり、生出演している山田涼介、知念侑李の映像と組み合わせて放送した。, 嵐は『第62回NHK紅白歌合戦』の白組司会を務めたため、東京ドームに駆けつけず東京プリンスホテル屋上から録画で出演した。年明け後には東京ドームから近藤真彦、少年隊(東山紀之・植草克秀)、佐藤アツヒロ、帝国劇場からは錦織一清(少年隊)も出演。また東京ドームの今井翼は、帝国劇場にいる滝沢秀明と中継で『夢物語』を途中まで歌った後、今井のバックダンサーを務めていたふぉーゆーとともに番組中すぐに帝国劇場へ移動し、番組後半からは錦織、滝沢、A.B.C-Zらと共に帝国劇場から出演した。終盤では東京ドームから本公演限定の「たつのこスリー」(近藤真彦、井ノ原快彦、宮田俊哉)も登場した。, また、前年にNEWSを脱退した山下智久はTBSの音楽番組『CDTVスペシャル 年越しプレミアライブ 2011→2012』に生出演した。また、Kis-My-Ft2も終了後に同番組に生出演した。, 2012年12月31日23時45分から2013年1月1日0時45分までの時間帯に中継された。コンサートの正式名称は「Johnnys' countdown 2012-2013」。司会はCDデビュー15周年のKinKi Kidsが担当[14]。番組タイトルの「25」は「にGO」とルビが振られていた[14]。平均視聴率は12.3%[5]。, 今回は5年ぶりに東京ドームのみでの開催で、近藤真彦、東山紀之(少年隊)、V6、KinKi Kids、タッキー&翼、山下智久、NEWS、KAT-TUN、Hey! - あぶない少年III - ぐるぐるナインティナイン - USO! Say!

- 世界笑える!ジャーナル - 解体新ショー - いっぷく! Say! JUMP10周年記念メドレー」が行われた[37]。この他、他グループの楽曲を披露する「グループチェンジメドレー」、各グループの歴代の名曲メドレーを披露する「ヒットソングメドレー」といった企画が行われ[38]、グループの垣根を越えてアーティストが限定ユニットを組んで披露する「シャッフルメドレー」では12月31日に解散したSMAPの「オリジナル スマイル」も披露された[39]。, 本公演恒例の年男ユニットとして「酉年イレブン」を結成、岡本健一を筆頭に、今井翼(タッキー&翼)、渋谷すばる、横山裕(以上、関ジャニ∞)、岡本圭人、山田涼介、中島裕翔、知念侑李(以上、Hey! Say! !」がさいたまスーパーアリーナへ移動したことにより実現)に10万人を動員し、過去最大規模で行った。, 出演者は錦織一清(少年隊)、TOKIO、V6、KinKi Kids、嵐、滝沢秀明、今井翼、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! ジャニーズカウントダウンライブ(Johnny's Count Down Live)は、ジャニーズ事務所の所属タレントが日本時間の大晦日から元日にかけて行う年越しライブおよびフジテレビ系列で放送される同公演の中継番組の総称。「ジャニーズカウントダウンコンサート」ともいう。略称は「カウコン」「ジャニコン」。, 1996年度にV6が神戸ワールド記念ホールで行った「V6 COUNTDOWN '97」を皮切りに、阪神大震災の災害復興チャリティーイベントとして始まった。1997年度はJ-FRIENDSが東京宝塚劇場で「ジャニーズ カウントダウン・コンサート」を行い、各会場で募金活動やチャリティーグッズを販売。収益金を神戸市教育委員会に寄付した。, 1998年度から公演場所を東京ドームに移し、大晦日の昼夜にKinKi Kidsがコンサートを行っている都合によりKinKi Kidsのステージセットをそのまま転用するようになる。また同公演よりフジテレビ系列で特別番組として生中継するようになり、番組の終了間際に記念撮影を行うのが恒例となる。J-FRIENDSとしての公演は、その後2002年度まで続いた。, 2003年度よりCDデビューをしているタレント・グループ一同が参加しているほか、スペシャルゲストとして近藤真彦を始めとする1970年代から1980年代にデビューした先輩タレントやジャニーズ事務所との親交が深い森光子も出演するようになる。ただし、SMAPは2013年に香取慎吾が次番組の宣伝も兼ねて最後に少しだけ登場した以外、2016年末で解散するまで出演することはなかった[1][2]。, 18歳未満のメンバーは労働基準法の関係で参加できないため、あらかじめ撮影しておいた録画映像を使用するか、18歳以上のメンバーのみ出演し18歳未満のメンバーは客席にいる状態で映っている。, カウコンそのものの開始は例年23時だが、生中継は「NHK紅白歌合戦」が終了する23時45分からで固定されている[1]。また、東京ドームが0時30分以降の歌唱活動を禁止しているため、中継終了も2005年度以降は0時45分で固定されている。, なお、ライブ自体は1998年以降毎年開催されているが、2014年度のみフジテレビ系列で生中継されなかった(後述)。, 2003年12月31日23時40分から、2004年1月1日0時40分までの時間帯に中継した。本公演より、J-FRIENDS(2003年3月に解散)以外のタレント、グループも参加するようになった。, 初登場のNEWSは労働基準法の関係により小山慶一郎・錦戸亮・山下智久の3名のみの出演となり、カウントダウン後に少年隊『君だけに』や光GENJI『パラダイス銀河』など先輩の楽曲をカバーした。KAT-TUNは同じく労働基準法の関係により亀梨和也を除く5人でバックダンサーとして出演した。またスペシャルゲストとして、東山紀之・岡本健一・赤坂晃・佐藤アツヒロが出演した。, 2004年12月31日23時40分から2005年1月1日0時40分までの時間帯に中継し、平均視聴率10.6%を記録した。出演者および曲目はTOKIO『自分のために』、NEWS『希望〜Yell〜』、KAT-TUN『ハルカナ約束』、嵐『Hero』、V6『ありがとうのうた』、関ジャニ∞『浪花いろは節』、KinKi Kids『Anniversary』である。, 18歳未満のメンバーがいたNEWSは小山慶一郎・錦戸亮・山下智久・増田貴久・内博貴の5名での出演となった。また特別出演者として、少年隊・岡本健一・赤坂晃・佐藤アツヒロ・タッキー&翼が登場。番組の最後には、各グループごとに2005年の抱負を発表した。, 2005年12月31日23時45分から2006年1月1日0時45分までの時間で生中継し、1998年の放送開始以来最高の平均視聴率13.0%を記録した[4]。司会はKinKi Kidsが担当。過去最多の101人が出演した[9]。タイトルにある「PRIDE」と総合格闘技イベントのPRIDEをかけた対決形式のメドレーがあり、グループを越えたステージを披露した。メドレーの出演者および曲目は以下の通りである。, その他、KinKi Kids『ビロードの闇』、タッキー&翼『Venus』、嵐『WISH』、TOKIO『明日を目指して!』や、結成10周年を迎えたV6によるメドレーも披露された[9]。昨年に引き続き、18歳未満のメンバーがいたNEWSは小山慶一郎・錦戸亮・山下智久・増田貴久・加藤成亮・手越祐也の6人での出演だった。後半には、東山紀之・岡本健一・赤坂晃・佐藤アツヒロがスペシャルゲストとして登場。またデビュー25周年を迎えた近藤真彦[4]もゲストとして登場し、新曲の『挑戦者』や代表曲のメドレーを歌い上げた。番組終盤では森光子も登場した[4]。, 2006年12月31日23時45分から2007年1月1日0時45分までの時間帯に中継し、平均視聴率13.1%を記録した。司会はTOKIOが担当。, 出演者および曲目はTOKIO『宙船』『Get Your Dream』、V6『HONEY BEAT』、KinKi Kids『Harmony of December』、嵐『きっと大丈夫』『サクラ咲ケ』、タッキー&翼『Venus』、NEWS『NEWSニッポン』『サヤエンドウ』『TEPPEN』(山下智久『抱いてセニョリータ』、テゴマス『ミソスープ』も披露)、関ジャニ∞『関風ファイティング』、KAT-TUN『Real Face』『僕らの街で』である。, 2007年デビュー10周年を迎えたKinKi Kidsは年が明けた2007年1月1日0時以降から登場し、後輩グループと10周年を記念したメドレーを披露した。また、2006年5月から活動を休止していたNEWSが年越し後の本公演で復帰。その際、城島茂が観客に向けて「NEWS!」コールを行い場内を沸かせた。, また本年度から、後に恒例となる年男ユニットが始まり、「いのししエイト」(坂本昌行、屋良朝幸、風間俊介、二宮和也、松本潤、丸山隆平、上田竜也、中丸雄一)が新年にあたっての抱負を述べた。後半にはスペシャルゲストとして近藤真彦・少年隊が登場しそれぞれの新曲を歌い上げた。終盤には昨年と同様に森光子も登場した。, 2007年12月31日23時45分から2008年1月1日0時45分までの時間帯に中継され、平均視聴率10.1%を記録した。コンサートの正式名称は「Johnnys' Countdown 2007-2008」。司会は嵐が担当。出演者はTOKIO、KinKi Kids、V6、嵐、タッキー&翼、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN。そしてスペシャルゲストに東山紀之(少年隊)も登場し、「愛しのナポリタン」を披露した。カウントダウンライブ10周年にあたって、ヒット曲を年代順に振り返るメドレーを披露した。また、全員で唄う『はつうた』という曲を初披露したり、この公演限定の年男ユニット「チューチューセブン」(山口達也、長野博、小山慶一郎、安田章大、錦戸亮、生田斗真、赤西仁)も登場した。, 当時、メンバー全員が18歳未満だったHey! JUMP(Hey! JUMP、Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、内博貴、NYC、中島健人(Sexy Zone)、屋良朝幸が出演した。Sexy Zoneは労働基準法に触れるため、中島のみ出演。, 『第63回NHK紅白歌合戦』出場組のうち東京ドームへ移動して出演したのは前述のNYCのみで、嵐、TOKIO、関ジャニ∞は東京プリンスホテル屋上からの録画出演となった。例年は年明け後にスペシャルゲストが登場するが、今回は番組開始直後に近藤が、そして年明け直前に東山が登場し、それぞれのヒット曲を熱唱した。また滝沢秀明(タッキー&翼)が5年ぶりに東京ドームに出演した。年男ユニットは、錦織一清(少年隊・1965年生まれ)が不出演で松岡昌宏(TOKIO・1977年生まれ)も東京ドームに登場しなかったことから、成立しなかった(1989年生まれのメンバーは同時点で不在)。, 2013年12月31日23時45分から2014年1月1日0時45分までの時間帯に中継された。コンサートの正式名称は「Johnnys' countdown 2013-2014」。司会はKinKi Kidsが担当。平均視聴率は9.4%[5]。, 東京ドームから近藤真彦、KinKi Kids、タッキー&翼、山下智久、NEWS、Hey!



リモート合唱 動画 作り方 9, アルコアンドピース ニッポン放送 出禁 17, 白百合女子大学 偏差値 低い 53, カラフトマス 鮭 違い 50, 奥羽本線 山形線 時刻表 6, 専門学校 卒業証明書 廃校 58, Kamen Rider Zi O Next Time: Geiz Majesty Full 9, キャプテンアメリカ 盾 作り方 ダンボール 18, Remo 参加者 アカウント 10, ワイドナショー 高校生 歴代 11, 艦これ 人気 低下 41, 黒い砂漠 Ps4 攻略 本 9, 血栓 溶かす ガッテン 10, 株式 会社秋元 秋元 剛 4, 岡村 ゴリ ダンス 曲 8, Just The Two Of Us アドリブ 4, ロッテ ユニフォーム 鳥谷 6, バンドリ ロゼリア 最強 8, ギルティ この恋は罪ですか Dailymotion 7, 上沼恵美子 次男 放送 作家 14, Iiu 歌詞 和訳 28, ルーミー ドライブレコーダー 取り付け位置 9, 全国中学 陸上 2020 4, 靴擦れ かかと 腫れ 5, 関東 三菱 自動車 所有権解除 18, 稀勢の里 白鵬 連勝 5, Ark エクウス ステ振り 27, 客 を奪う 英語 7, 乃木坂46 (ピアノ 簡単) 10, 丘みどり 結婚 文春 15, やりすぎ都市伝説 2019 冬 まとめ 9, ヘラクレスオオカブト 元気 ない 6, はらぺこあおむし 歌 楽譜 46, ピッタマスク 中 性 洗剤 39, Ofi 意味 監査 31, Ls600h 中期 評価 12, 櫻井孝宏 体調不良 Pixiv 9, サイコパス 霜月 なんj 5, ギターヒーロー コントローラー 修理 11, 子育て 社員 迷惑 29, アンジャッシュ ネタ 一覧 6, トリック 新作スペシャル3 Pandora 5, ポケモン クリスタル 増殖バグ タイミング 4, Incidental Charge 意味 5, 今日から俺は 中野 トランプ 4, 秋の 蝿 季語 4, 銀杏boyz いちごの唄 Rar 19, スマートエンジェル 水筒 部品 52, 不思議の国のアリス 赤の女王 セリフ 14, 改めて 考え させ られる 英語 8, 多 部 未華子 鹿 男 6, 多重録音 動画 アプリ Android 12, Ark セメント コマンド 28, 虫除け 網戸 最強 18, ポケマス 24章 誰 8, 城西国際大学 野球部 3年生 4,