だからあっと言うまに終わっちゃった感じ。 何このトート振り幅凄いんですけど 結婚式場面で横を歩いてる奴がいたんで、 人形のような佇まいに怖い程の冷たさ、 Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 今日は2階席 最前列 真ん中! その柔らかさがすれ違うもどかしさとも相まって、 結婚しようが人生に翻弄されようが「自分の孤独は自分だけのもの」であり、 チケット情報 http://www.pia.co.jp/variable/w?id=110314 愛と死のミュージカル・ロマン「エリザベート」全国四大都市で上演決定! なにより帝劇でシシィしてることに感動しました 井上芳雄さま神々しかった帝王だった素晴らしかったまた観たい, ◉愛してやまないミュージカル、エリザベート。 「エリザベート」は過去2回観ているのに

そしてそして、やっぱりすごいたーたんさん。

井上トートと愛希エリザ素敵でした!, 京本くんルドルフ、以前より意思のあるルドルフでした。 ・ 出生地 北海道札幌市

時にはおみやげまでもらえるって、ほんとにいいわ~ 城田優トートのダイナミックさとは違う、 グッズのポーチがめちゃかわいくて、つい購入……はー、かわいい(*´∀`*), ◉エリザベートとにかくエモかった…

トート マテ・カマラス 予定にないグッズも, 本当に感動したよ古川さん凄くカッコよくてずっと追っかけてた! とにかく、退廃的で美しかったー!, 古川雄大の美しさは圧倒的で、男性だと分かっているけれども、「これって宝塚版だっけ?」と思っちゃう程なのでした。, 古川雄大は、これまた私の予想に良い意味で裏切ってくれたのですが、意外な程に表情豊かに演じていました。(ずっと双眼鏡でアップにして見てたもんね!) 井上芳雄さん 素晴らしいトート閣下 トート: 古川雄大 ルドルフとして歴代5人のトートと対峙してきた古川くん。 いよいよ挑む彼のトートは如何程か、楽しみでした。 人形のような佇まいに怖い程の冷たさ、 それでいて表情が思いの外豊かで甘い。 何このトート振り幅凄いんですけど

2019年7月28日(日)16:42 歌もダンスも衣裳も美術も素晴らしくて3時間あっという間!! 今年の「エリザベート」観劇、第一回目が古川雄大くんトートだったので、何となく今年の「エリザベート」イメージがそれで固まった感じもあるかな? 音楽を変えたのは何故だろう?特に、オープニングのトートダンサーズが出てくるところと、少女のエリザベートが� 劇場ですれ違った方が「男性のトート、初めて~!」と言っていて、 私は城田優トートのDVDを持っていますけれど、それ以上によく顔の表情が動きました。トートは、死の、黄泉の帝王なのですけれども、古川雄大トートは、その表情によって、感情のあるすごく人間味のあるトートになっていたと感じましたョ。すごくステキでした!, 他のキャストさんは、山崎育三郎は初めて生で見ましたけれど、声が良いですねー。テレビに出て話している声と全然違う、ちょっと悪い奴の声で。よく通って響いて最高でした。, ルドルフ役の京本大我は、彼も台詞を言う時の声と歌声にギャップがあって、歌の時の中低音が力強くよく響いて魅力的な歌い方をする人でした。 血液型 A型 きょもちゃんはもちろんだけど、他のキャストさんたちも素晴らしい✨ 冒頭の演出が変わっていてちょっと新鮮。 イケメンふたりの「闇が広がる」♪・・・ため息モノですよ。 残り105回、誰1人欠けることなく駆け抜けられますように。, みればみるほど、何回でも見たい!!ってなります。     WOWOW「勝手に演劇大賞2015」・男優賞(エリザベート)参考(PR TIMES) 血液型 A型 引き続き、千穐楽までよろしくお願いします! pic.twitter.com/3cLpWjOfi9, — 劇団ひまわりinformation (@himawari_press) 2019年6月8日, V列23番という通路の横にいたのですが、 メインキャストの美しさはもちろん、 帝国劇場で観劇する行為自体がもうやばいし、 © 2020 カフェ・ド・ミュージカル All rights reserved. もう最高!あっという間の夢の3時間でした✨, ◉楽しみにしていた2019版エリザベート。 千秋楽まで三か月…私何回観られるだろうか…。, ミュージカル「#エリザベート」を観劇して来ました もうもう、美しすぎて眩しすぎるううう。 もう三年前だったのか~月日が経つのは早いね~

音楽の変更点はやっぱり、ん?てなるけど、これは慣れだな。, 前回と一番変わったのはやっぱりマイヤーリンク。 それでいて表情が思いの外豊かで甘い。 人気あるのわかります。 -おすすめ, シルヴェスター・リーヴァイ, ピックアップ, ミヒャエル・クンツェ, 三浦涼介, 井上芳雄, 京本大我, 剣幸, 原慎一郎, 古川雄大, 小池修一郎, 山崎育三郎, 平方元基, 愛希れいか, 成河, 木村達成, 未来優希, 松井工, 植原卓也, 涼風真世, 田代万里生, 真瀬はるか, 花總まり, 香寿たつき, 育三郎ルキーニが、段々と精神を病んでいくさまが、ありありと。最後にトートに呼ばれるまでの目の暗さはすごみがあった。. 娘の頃から初老までの演技・・・違和感なくて良かったです。, お花様(花總まり)の完璧なエリザベートはもちろん 全く飽きずに観られるから不思議・・・ 今注目の、ミュージカル・舞台・演劇などの口コミ、評判、評価、感想などを一挙公開!!, 由を愛し、類なき美貌を誇った ハプスブルク帝国最後の皇后エリザベートと、 彼女を愛した黄泉の帝王“トート=死”。 ルドルフとして歴代5人のトートと対峙してきた古川くん。 がんばってた~~ かわいいグッズがいっぱい売っていて 演目としても大好きなんですが、 2012年、2015年、2016年でエリザベートの息子ルドルフ役を演じた古川雄大さん。2019年にトート役へと大抜擢されました。 2019年の古川トートは非常に感情豊か。激しく恋に落ちたり時に美しい目にキラリと光るものがみえたりと、今までにないトート像でした。 2020.09.21 ただただ あれは何度も見たくなる、、、ヤバいよ!!!, ◉エリザベート観劇❣️ 愛称 ゆん, 2007年『風魔の小次郎』でテレビデビュー。ミュージカル作品では、『テニスの王子様 』『エリザベート』ルドルフ役、『ロミオ&ジュリエット』『モーツァルト!』(タイトルロール)、『マリー・アントワネット』など数多く出演。, 井上芳雄さんについで、ミュージカル『エリザベート』のルドルフ役から2019年トート役へとキャスティングされた古川雄大さん。, エリザベートは皮肉なことに、このシーンで死を司るトートに「生」を返してもらうのですが、古川トートも同時にエリザベートによって「生」を与えられたように見えます。, 古川さんは、2012年にルドルフ役として初デビューした時のインタビュー記事に、「ルドルフとトートの関係性」についてこう語られています。, 「死という存在でもあるんですが、自分の欲だったり、希望だったり憎しみだったり、そういう気持ちをひっくるめてトートというものになっている、と僕は思います。人によって解釈は異なると思うのですが、僕が思うトートは自分自身の鏡ですね。死という存在の中に、自分の理想や恐れている部分、そういうものが集まって出来た存在なのかなって思います」引用:げきぴあ, 古川トートは2019年公演で3人のルドルフに対し、それぞれ向ける表情が違っていたように感じたのですが、, 「僕が思うトートは自分自身の鏡ですね。死という存在の中に、自分の理想や恐れている部分、そういうものが集まって出来た存在なのかなって思います」, こう語ってらっしゃる通り、それぞれのルドルフの持つ恐怖や孤独に呼応して、存在していたように思えます。, 生年月日 1986年1月18日

大好きなエリザベート。 けど歴史勉強足らずな私, まずウィーンまで行ったことあるのに 2000年東宝版初演から2015年の大リニューアルを経て、2019年6,7,8月 最高のクリエイター陣と出演者が集結。 生の舞台で鍛えてる皆様、本当すごいね。圧巻でした。 身長 182cm 京本ルドが経験値ある分、バランス良かったんじゃないかなと思います。, 下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!

花畑牧場の生キャラメルでしたよ! 旧時代の終焉を象徴したハプスブルク帝国最後の皇后エリザベートの生涯を描き、1992年にウィーンで初演された『エリザベート』(ミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイ作)。“歴史もの”の重厚感、家族の心のすれ違いを描く人間ドラマとしての魅力に加え、死を擬人化したキャラクターであるトートとヒロインの禁断の愛というユニークな要素が人気を呼び、日本でも96年の宝塚版初演、2000年の東宝版初演以来、繰り返し上演されてきました。, その最新版となる2019年版では、花總まりさん(エリザベート)、井上芳雄さん(トート)という強力キャスト続投のいっぽうで、ダブルキャストとして新たに愛希れいかさん(エリザベート)、古川雄大さん(トート)が参加。特に古川さんは直近の3公演で、エリザベートの息子である皇太子ルドルフ役を演じ、本作への造詣も深いであろうことから、“満を持してのトート役”に注目が集まります。“概念”であるトートをどのようにとらえ、どう演じようとされているのか。古川さんの“今の思い”を、とくと語っていただきます!, 【あらすじ】奔放な父の影響で自由に憧れて育った公爵令嬢エリザベートは、いとこの皇太子フランツ・ヨーゼフに見染められ結婚。姑ゾフィーから厳しいお妃教育を施され、生まれた子までとりあげられたエリザベートは、次第に母親に逆らえない夫との溝を深める。旅に安らぎを求めるようになった彼女の心中には常に、少女時代の木からの転落事故以来、“死”の誘惑があった…。, 「ミュージカルというものを本格的に始めさせていただこうと思った作品です。それまで『ミュージカル テニスの王子様』や『ファントム』といった作品に出させていただいていましたが、初めての東宝ミュージカルが『エリザベート』で、大きな役をいただけるきっかけにもなりました。ミュージカルというものを教えてくれたし、これからも頑張ろうと思わせてくれた作品です」, ――『エリザベート』では2012年、15年、16年と皇太子ルドルフ役を3回演じられましたが、その過程で“掴めた”という実感はありましたか?, 「ルドルフはとにかく歌が大変で、(初代ルドルフを演じた)井上芳雄さんも、今でも“ルドルフは大変だよ”とおっしゃるくらいなんです。その意味では今でも掴めていないかもしれないです」, 「ルドルフは時間にすると出番は20分ぐらいですが、そこにぎゅっと“詰まっている”んです。まず、父(皇帝フランツ・ヨーゼフ)と対立する“父と息子”は掛け合いということもあって、リズムがはっきり刻まれる中で語尾もちゃんと処理しなくてはいけないナンバーです。次の(トートとのデュエットである)“闇が広がる”はずっとキーが高いだけでなく、(喉が締まる)“う”であったり“い”が語尾に来ます。そしてその直後に、最高音で始まる“独立運動”を歌う時には、一発勝負の緊張感があります。ここで激しく踊って息が上がっている中で、次に“僕はママの鏡だから”で、低音から入ってバラードを歌うんです。2012年に当時、まだミュージカルを始めたばかりだった僕が歌ったことが今では考えられないほど難しい役ですが、そこから段階を経てだんだんレベルアップは出来たのかなとは思います。でも“掴めた”という段階には至っていないかなと」, ――キャラクターの造型という点では、3回目のルドルフで一つの完成形を見たという感触は?, 「役として、僕なりの完成形は作ったつもりです。でもクオリティで言うとまだまだつきつめられる部分はきっとある、と思っています」, ――作品についてはいかがでしょうか、3回のご出演の中で“こういう作品なんだ”と見えてきたものがおありでしょうか?, 「2015年版で演出が新しくなった際に、時代が動く瞬間を見せたいというお話が小池(修一郎)先生からありました。時代が動いていく中で自分を主張して生きるエリザベートを描くことで、お客様の生きるエネルギーになれるように、と意識をしてきました」, ――今回はエリザベートを死へといざなう黄泉の帝王、トート役。ルドルフを演じていた頃は、トートはどういう存在ととらえていましたか?, 「僕自身は、トートはルドルフが自分で作り出し、映し出している存在、ととらえていました。最後の“マイヤーリンク”でも、死が近づくにつれて葛藤する振付がついていたこともあって、そんな解釈をしていました」, ――ということは、エリザベートにとってのトートとルドルフにとってのトートは別個の存在なのかも…?, 「その日のトート役の方の演じ方によっても変わると思うし、お客様がどう感じたかはわかりませんが、僕自身はそういうふうに解釈していました」――では役者としてはトートという役はどう見えていましたか?, 「観ている限りはナンバーも素敵で、印象に残る役だなぁと憧れていました。漠然とですが、初出演の時から“いつかやってみたいな”とも思っていました。でも(前回この役を演じた)芳雄さんが“こんなに楽しい役はない”と言ういっぽうで(城田)優君は“こんなに大変な役はない”と言っていて、とらえかたによってはものすごく大変な役なんだろうな、と思えました。トートとは何なのか、(絶対的な)正解がないので、考え始めるととても難しくなってしまいます」, ――トートはドイツ語で“死”。“死”という概念を擬人化したのがトートということになるかと思いますが、彼はエリザベートに対して愛を歌っていますよね。概念が愛を歌うというのはどういうことなのか、気になる方もいらっしゃると思います。, 「僕も思います。そこをどう“本物”に見せるか。一つのポイントとして、トートという役には美的センスが入っていますが、それをどう解釈するかによってお客様に伝わるものが変わると思っています。死は誰にでも訪れるものですが、エリザベートやルドルフにはいつも死が寄り添っていて、人生のポイント、ポイントで絡んでくる。それが美しく見えるのは彼ら自身、死を意識していたからなのかなと思えます」, ――トートはエリザベートを死にとりこもう、とりこもうとしますが、ルドルフが死んで彼女が自死を意識した時、“まだだ”と彼女を拒みますよね。あれはどう解釈したらいいでしょうか?, 「僕は、ルドルフをトートが自殺に追いやったのは、エリザベートを死に向かわせるためだと思っていました。でも、先日歌稽古をしていてこの曲を歌ってみると、トートはエリザベートの様子を見て、“まだ私を愛していない”と突き放し、エリザベートを生の世界に踏みとどまらせているんですよね。ここをどう解釈するのか。もしかしたら、トートとしてはエリザベートを自分の世界に引き入れるためにルドルフを殺しはしたけれど、一時の感情だけで死のうとするエリザベートの姿に、自分ときちんと向き合っていないと思えたのかもしれない、トートは導きもすれば突き放すこともする存在なのだ、と現時点では考えています」, 「それも解釈の仕方だと思います。ただ単にエリザベートを死なせることが愛なのか、その過程を愛としているのかはわからない。僕もいろいろ疑問を持って、それを稽古の間にクリアにしていけたらと思っています」, ――この世のものでないものを演じるという意味では、(悪魔である、『黒執事』の)セバスチャン役が参考になるでしょうか?, 「人間ではない、という点ではセバスチャンからヒントをもらえるかもしれませんが、根本的な部分ではちょっと違うかなと思っています。セバスチャンの時は(漫画という)原作の中にイメージできるものがあったのと、いつも舞台を陰で支配しているようなところがありました。今回はちょっと違って、イメージは演じる俳優によって無限にあると思います」, 「やはりソロの2曲(“愛と死の輪舞”“最後のダンス”)が肝かなと思っています。リーヴァイさんの音楽は歌っていて“ノれる”ものが多いのですが、例えば“最後のダンス”もそれまでなだらかな曲が続いていたのが、急にロックが始まってトートとしても作品としてもがんと変化する。こちらの気持ちも動きやすいです。『闇が広がる』では今度は立場が逆転しますが、ルドルフの気持ちはよくわかっているので、やりやすいのではないかなと思います」, ――歴代、そして世界各国に様々なトートがいらっしゃいますが、古川さんの場合、どんなトートになるのでしょう?, 「わからないですね(笑)。今までにないトートだねと言われたい気持ちはありますが、そこを狙ってあまりに個性的なことをやるのは違うと思いますし…自然に、今までにないトートになったらと思っています」, 「“死”とは何なのか、それをすごく考えています。安らぎと感じる人もいれば、愛ととらえる人もいらっしゃるかもしれない。お客様が観終わった時に疑問や考えさせる何かが残るには、どういう風に演じたらいいか。疑問ではなく、恐怖を感じていただいたほうがいいのか。いろいろと浮かんできています」, 「主人公のエリザベートは、困難な状況の中で自分の歩む道を決断して生き切った人で、今の時代を生きる方々にもエネルギーを与えられる、背中を押せる作品だと思います。その中で、主人公に寄り添う形で存在するのが僕の演じるトート。死は誰にでも訪れるし、いつそれが来るかはわからないですよね。観終わった時に、死って何なんだろうという疑問がお客様の中に残っていたら嬉しいですね」, ――プロフィールについても少しお聞かせ下さい。近年、古川さんは『ロミオ&ジュリエット』(2013、17、19年)『モーツァルト!』(2018年)はじめ、大舞台の中心をつとめることが多くなってきました。どんな思いをお持ちでしょうか?, 「今の状況は全く予想していませんでした。当初は出来ないことが多くて、どうして自分は出来ないんだろうと悔しく思いながら一生懸命やっていたら、いつしかそれが面白さに切り替わっていったという感じです。『モーツァルト!』のタイトルロールを演じることになった時も、めちゃくちゃ大変な役であることはわかっていたので、抜擢された嬉しさと同時に不安な気持ちがありました。でも結局は、自分で自分を“頑張ったな”と思えるほどトレーニングを積んで頑張りました」, ――昨年はテレビドラマ『下町ロケット』にも出演されましたが、“悪役”への抜擢はご本人的に意外ではありませんでしたか?, 「驚きはなかったです。ふだん舞台で悪役的な要素のある役を演じることも多いので、今回も主人公を妨害してばかりの農協職員を演じることにもとまどいはありませんでした。楽しく、いい緊張感の中でやらせていただきました」, ――以前、石丸幹二さんが『半沢直樹』に出演して「映像だとこんなに近い距離感で演じるのかと驚いた」とおっしゃっていました。, 「お芝居(演技)のサイズは確かに違うかなと思います。でも距離については舞台もわりと近いところでやっている時もあって、最近ですと『マリー・アントワネット』(2018年)でフェルセン伯爵を演じている時に“こんなに近いんだ”と思いながら演じていました」, ――ご多忙の中、インプットとアウトプットのバランスはどうとっていらっしゃるでしょう。定期的に旅行されたりといった感じでしょうか?, 「あまり外に出ようという意識はないですね。休みがあっても家にいます。発散というものをしなくても大丈夫なタイプです。仕事で向かっていくものがうまくいけば、それが発散になっています」, ――ミュージカル界を背負っていく立場になってこられましたが、ミュージカル界がこうなったらいいなと思うことはありますか?, 「もっといろいろな世界から人が集まってくるといいなと思います。『ロミオ&ジュリエット』の時がそうで、大人の役の方々がずっとミュージカルをやってこられた方々が多いのに対して、僕ら世代の役はミュージカルが初めてというメンバーも多くて。小池(修一郎)先生はそういう事も含めて、ミュージカルを新しいものにしようとしていらっしゃるのだなと思います。今、上演中の『レ・ミゼラブル』にも外の世界から入ってきたキャストがいて、こういうふうにミュージカル界がナチュラルなものになっていくといいですよね。それによって観る人の幅も広がっていくと思います」, ――一昨年にお話を伺った際には、自分を縛らずにいろいろなことをやってみたいとおっしゃっていました。現時点でのビジョンはいかがでしょうか。, 「トートをやる今は、トートしか見えていません。終わった時に次が見えるかもしれないけれど、自分の中には、ビジョンは無いです。だって人生、何が起きるかわかりませんから」, *古川雄大さんのサイン&ポジティブ・フレーズ入り色紙を読者プレゼントします。詳しくはこちらをご覧ください。, 『ジャージー・ボーイズ』イン コンサート LIVE配信鑑賞レポート:“素晴らしき人生の時”の物語, 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇レポート:“この世の深い闇“を忘れさせる熱狂のミュージカル, 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト』森公美子インタビュー:極上の音楽と”愛”に満ちたミュージカ…, 『ビリー・エリオット』川口調・利田太一・中村海琉・渡部出日寿へのQ&A「ビリーという役を演じて」.



クレヨンしんちゃん ボーン バンパイア 7, 多村 スペランカー 怒る 6, シャーロック ライヘンバッハヒーロー 考察 14, ハナミズキ 枯れた 判断 31, バスケ 浜松 小学生 5, 元 東北 ご当地アイドル 秋田 4, 加藤茶 弔辞 志村けん 5, 謹呈 本 お礼 メール 14, Tdcx Japan株式会社 求人 4, グッピー 初産 お腹の大きさ 41, 生まれ順 性格 双子 19, Ssj 志尊淳 グッズ 4, 三津谷 ツイッター 騎手 9, ジョージア カフェオレ カロリー 12, 成城大学 学部 偏差値 27, 鹿児島ユナイテッド スポンサー 金額 37, 恋愛 勘違い 怖い 5, Effect 英語 料金 8, 幕末志士 Pubg 炎上 7, アリババ 歌詞 アラジン 34, クロノトリガー 1999 マップ 12, ピンポン 声優 下手 9, 井原 リフレッシュ公園 スケボー 10, 定期区間外 計算 メトロ 42, ペアーズ 写真 風景 17, はじめ しゃ ちょ ー 世界ランキング 10, 相撲 珍 事件 6, Fgo スキル上げ 優先キャラ 4, カズレーザー 実家 住所 9, 金融庁 検査マニュアル 廃止 保険 11, 医学部 再受験 闇 8, Radwimps 佐藤健 上白石萌音 4, Bts 男性 人気メンバー 16, 市立尼崎 サッカー 監督 25, 心苦しい 意味 古語 5, ジョジョ ラストサバイバー 新キャラ 9, Epo Down Town Mp3 7, シドマオ また 整形 33, 過剰 英語 Over 10, Ark シングルプレイヤー設定 Pc 13,