ふたつの次世代エンジン // ]]>, 様々な原因がありますがクルマを運転していると事故を起こしたり、怪我をしたりする可能性は必ずあります。, 今回はメルセデスベンツCクラスに装備されている安全装備について記載したいと思います。, 新型Cクラスに装備されている全ての安全システムについてはヤナセHPをご覧ください。, その中でも私が一番よく使用し、重宝しているシステムがディストロニック、アクティブステアリングアシストになります。, ディストロニックはドライバーが走りたい上限の速度を設定すると前車を追従し始めて、その速度内で車間距離を保ち、渋滞した場合も自動でストップ、発進するシステムです。, それにプラスしてアクティブステアリングアシストがあるのですが、車線を認識して走行車線をはみ出さないようにステアリングが自動で動き、車両を常に車線内にキープしてくれる機能です。, ここまでは初期型のCクラスクーペにも装備されていましたが、アクティブレーンチェンジアシスト機能が追加されました。, アクティブレーンチェンジアシスト機能とはディストロニックを作動中にウインカーを出すと自動で車線変更をしてそのまま走ってくれる機能です。, 実際に使用してみると、ウィンカーを出して進行方向にクルマが無ければ約1秒程度で車線変更を開始します。, このような半自動運転ですが、ステアリングをずっと触らないでいると全ての機能に警告音と表示で知らせてくれます。, そして、こちらも初期型には無かった機能ですが、警告してもステアリングに反応が無く、放置状態になると、緩やかに減速し車両が停止します。, そして、運転しているドライバーはなかなか気付かないのですが、メルセデスではドライバーの注意レベルも表示してくれます。, 初期型とは違い、全てがこのステアリング内のボタンで設定、確認が出来るので、視線を外す事なく操作が可能です。, マイナーチェンジとはいえ、安全性も進化してますます信頼出来るクルマに仕上がっております。, やはり自分の目で確認し、そのシステムに依存し過ぎる事なく安全運転に努めたいと思います。, このブログではメルセデスベンツCクラスクーペの事や、メルセデスベンツのニュースを好きなようにお伝えします。 ダイムラーは4月6日、今秋発表を予定している次期型メルセデス・ベンツSクラスに搭載する新世代の運転支援機能を公開。この新機能は、将来の自動運転に向けてさらに歩みを進めたものだという。, 「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は、ディストロニックで走行速度を設定しても、カーブやジャンクション、ラウンドアバウト、料金所などに差し掛かることを検知すると、自動で加減速やステアリングのアシスト操作を行う。ナビゲーションシステムを使用している場合は設定ルートが考慮され、例えば高速道路の走行車線を走っているとき、目的の出口に近づくと自動的に減速する。, この機能は、高速道路では0~210㎞/hの範囲で先行車との距離を制御しながら車線をキープしてくれるほか、走行モード(ECO/コンフォート/スポーツ)や道路の勾配にも対応し、滑らかで効率的なドライブを実現する。ECOモード時は、エンジンとトランスミッションを切り離した惰性走行によって燃費向上に寄与するコースティング機能も働く。, COMANDオンラインとの連携する「アクティブスピードリミットアシスト」は、道路標識や道路作業中の標識を認識し、交通規則を順守するよう制御する。もちろんナビゲーションシステムとも連携し、更新された道路情報が反映される。設定速度は最高130㎞/hまで。, 「アクティブエマージェンシーストップアシスト」は、アクティブステアリングアシスト機能の使用時に、ドライバーがステアリング操作やステアリングに備わるスイッチ操作、ペダル操作をしなかった(とクルマが認識した)場合に、視覚的あるいは聴覚的な警告を発する。それにドライバーが反応しない(と認識された)場合、自動的にブレーキかけ停止させる。この機能は、ドライバーが突然意識を失うなど運転操作ができなくなったときなどに有効で、停止後はパーキングブレーキが自動でかかり、緊急通報システムが作動。このとき、救急隊員などがキャビンにアクセスできるようにドアのロックは解除される。, そのほか、駐車場の検索や駐車スペースへの入庫操作をアシストする「アクティブパーキングアシスト」や、スマートフォンによって、狭いスペースなどへの駐車を遠隔操作(前進・後退のみで最大15mまで)できる「リモートパーキングアシスト」などが採用される。, もちろん、すでに現行Eクラスに導入済みの「アクティブレーンチェンジアシスト」や「アクティブブラインドスポットアシスト」、「アクティブブレーキアシスト」なども採用される。, ゲットナビ10月号別冊付録 「Qi対応ワイヤレス充電器」に関するご使用上の注意について. ※スマホやパソコンで読めるデジタル版付き! 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。, 世界最先端! メルセデス・ベンツCクラスのADAS(先進運転支援システム)を一挙紹介!.      そして進化し続ける最先端技術 ▷LIFESTYLE 公開日 : 2020/03/04 12:22 アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック (自動再発進機能付) マルチパーパスカメラとレーダーセンサーにより高速道路などで先行車を認識、車間距離を速度に応じて調節する。   =王者が王者であり続けるために= いわゆる 半自動運転 ですね。. 「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)&アクティブステアリングアシスト」などの安全機能が29種類搭載されているほか、メルセデス・ミー・コネクトサービスの「リモートパーキングアシスト」も利用可能だ。 ナビやcomandシステムとも連携 「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は、ディストロニックで走行速度を設定しても、カーブやジャンクション、ラウンドアバウト、料金所などに差し掛かることを検知すると、自動で加減速やステアリングのアシスト操作を行う。 日本において高級車の代名詞的存在となっているDaimler(ダイムラー)傘下のMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)社。世界最古の自動車メーカーの一つであり、早くから自動車の安全性向上を図ってきた社風は有名であり、今なお受け継がれている。, そんな同社の安全性追求の歴史を振り返りながら、現在の自動運転技術の水準や将来に向けた戦略に迫り、改めて「自動運転と安全」について考える契機になればと思う。, ベンツの安全性追求は、1939年、ベラ・バレニーの「自動車の衝突安全性」の研究から始まったとされており、1953年には世界初の衝撃吸収構造ボディを採用した自動車を発表している。1970年にアンチロック・ブレーキングシステム(ABS)のテスト版第1号を発表し、1971年にはエアバッグの特許を出願。1996年にブレーキアシストをEクラス、Sクラス、SLクラス、CLクラスの標準装備に指定している。, 2008年には、新しい自動非常ブレーキやアダプティブヘッドライトアシストシステム、車線逸脱防止システム、アテンションアシスト、歩行者保護改善を目指したアクティブボンネットを発表。こういった一つひとつの研究開発が改良を重ねながら継承され、進化を遂げて採用されたのが現代のベンツ社のADAS(先進運転支援システム)をはじめとした安全機能となっている。, 自動運転の開発については、約30年に及ぶという。1986年からヨーロッパの「ユーレカ」研究イニシアチブの枠組みの中で、PROMETHEUSプロジェクト(最高の効率性と前例のない安全性を備えた欧州交通のためのプログラム)に取り組んでおり、さまざまな技術やセンサーシステムの研究を今なお続けているという。, すでに高レベルの自動運転技術を獲得しているベンツ。2016年には、自動運転技術「CityPilot」を搭載した半自動運転バス「Future Bus」の走行試験を、公共交通として成功させている。十数台のカメラが道路とその周辺をスキャンし、長距離レーダーと短距離レーダーのシステムは常に先行するルートを監視する。, 都市インフラと協調しながら走行し、障害物や歩行者を認識して自動でブレーキをかけるほか、バス停に近づくと自動でドアを開閉する。運転席に座るドライバーはほぼ何もしておらず、基本的には有事に備えているだけだ。, 市販車では、機械的な制御だけでなく車体そのものの衝突被害軽減も含めたADAS機能「インテリジェントドライブ」を確実に進化させ、続々と搭載を進めているようだ。以下、特徴的なシステムをいくつか紹介する。, カメラとレーダーセンサーが前走車を認識し、速度に応じた車間距離を維持するほか、車線やガードレールを認識し、カーブ時などでステアリング操作をアシストする。, カメラやレーダーセンサーが周囲を確認し、3秒以内に他車と衝突する危険がないかを検知。安全を確認した後ステアリングをアシストし、自動的に車線を変更する。, ステレオパースカメラが交通標識を読み取り、制限速度の標識を読み取った際は制限速度を超えると警告音でドライバーへ注意喚起する。, 車速やナビゲーション、ディストロニック・プラスの設定内容など、運転に必要な情報をフロントガラスに情報を投影し、約2メートル前方に浮かんでいるように見えるシステム。, 時速80キロメートル以上で直線などを走行している際、一定レベル以上の横風を検知すると、必要に応じて車両片側のブレーキ制御を行い、その影響を相殺して車線逸脱を防ぐ。, 車両前方にいる車道横断中の歩行者などとの衝突の危険を検知すると、システムが正確なステアリングトルクを計算し、ステアリングによる回避操作をアシストする。回避後も、走行していた車線をスムーズに走り続けられるように挙動の安定化もサポートする。, レーダーセンサーにより側面衝突が不可避であることを検知すると、衝突側前席バックレストのサイドサポートに内蔵されたエアチャンバーが瞬時に膨張し、乗員をドアから遠ざけることで衝撃の軽減を図る。, 危険回避のため急ハンドルや急ブレーキの操作をした際、事故が起きる可能性をあらかじめ察知し、電動シートベルトテンショナーの作動や着座ポジションの自動調整、サイドウインドウなどの自動クローズなど、安全装備の効果を最大限に発揮する。, 夜間走行時、照明のない路上前方に歩行者や動物が現れると、インストゥルメントパネル中央部の表示をナイトビュー映像に自動的に切り替え、対象物を強調表示することでドライバーに注意を促す。また、検出した歩行者にヘッドライト光を当て、ドライバーと歩行者の両方に注意を促すスポットライト機能も備えている。, クルマ自身が通信機能を持つことで利便性や安心を提供するコネクテッドサービス。24時間故障通報サービスは、故障の際にボタン一つで故障の内容とともに自動でコールセンターにつながる。24時間緊急通報サービスは、エアバッグが展開するような事故など万一の際に運転者に代わって自動でコールセンターにつながり、消防に連絡するなどのサポートを受けることができる。, また、リモートパーキングアシストは、クルマの外からスマートフォンのアプリで駐車操作が可能で、並列・縦列駐車にも対応している。このほか、スマホで施錠・解錠や確認ができるリモートドアロック&アンロック機能やスマホとカーナビを連動させる機能、駐車位置検索、プラグインハイブリッド車の充電時間設定や確認機能、レストランやホテル予約などのサポートも受けられるコンシェルジュサービスなどが用意されている。, 「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)&アクティブステアリングアシスト」などの安全機能が29種類搭載されているほか、メルセデス・ミー・コネクトサービスの「リモートパーキングアシスト」も利用可能だ。価格は1116万円(税込)からとなっている。, 2016年発売の5代目には、「PRE-SAFEインパルスサイド」など29種類の安全機能が搭載されている。Sクラスセダン同様、メルセデス・ミー・コネクトサービスの「リモートパーキングアシスト」も利用可能だ。価格は701万円(税込)からとなっている。, 2018年に発売されたばかりの4代目には、「アクティブレーンチェンジングアシスト」や「パーキングパイロット(縦列・並列駐車)」など30種類の安全機能が搭載されている。ベンツの中では手に入れやすい普及モデルだが、安全性能に抜かりはないようだ。価格は322万円(税込)からとなっている。, 1990年にW463型を発売して以来、実に約30年ぶりとなるフルモデルチェンジ並の大幅な改良を2018年に行ったGクラス。従来型(旧型)もマイナーチェンジなどで安全性能は高められており、13種類の機能を搭載。一方、新型は14種類にとどまっており、クルマの特性から基本的な安全機能に抑えているのだろうか。価格は1562万円(税込)からとなっている。, 【参考】インテリジェントドライブの各機能や搭載車種などについては、公式サイトの「インテリジェントドライブ機能一覧」から確認できる。, 中国の浙江吉利(ジーリー)控股集団傘下の自動車メーカー・吉利(ジーリー)汽車が2018年2月、ダイムラーの発行株式の9.69%を取得したと発表した。ダイムラーの筆頭株主となった同社は、2010年にも米フォードからスウェーデンのボルボを買収しており、世界戦略を加速化している。また、10月には配車サービス提供に向け両社が合弁会社設立交渉に入ったことも報じられている。, 一方で、ダイムラーは中国において北京汽車(BAIC)と合弁会社「北京ベンツ」を設立しており、ベンツ車を現地生産している。2018年2月には新工場の建設案などベンツ車の現地生産を拡大する意向を発表しており、今後の動向に注目が集まっている。, 【参考】吉利とダイムラーについては「中国・吉利と独ダイムラー、配車サービス提供へ合弁会社設立へ」も参照。, 中国・吉利と独ダイムラー、配車サービス提供へ合弁会社設立へ https://t.co/O4Pcp9x5ZB @jidountenlab #吉利 #ダイムラー #配車サービス, — 自動運転ラボ (@jidountenlab) October 13, 2018, 2018年9月に発表した自動運転コンセプトカー「Vision Urbanetic」は、貨物モジュールと乗客用モジュールの2種のボディを載せかえることで異なる用途に対応できる斬新なモデル。1台の車両で人や物の輸送に柔軟に対応することで、都市空間を効率的に利用できる。, 完全自動運転車のため、ステアリングホイールやペダルなどは搭載されておらず、車両の前面に装備された大型ディスプレイにより、歩行者など他の道路利用者に対してメッセージを表示することもできる。, 【参考】「Vision Urbanetic」については「独メルセデス・ベンツ、新コンセプト「Vision Urbanetic」の自動運転EVカー 「貨物用」「乗客用」切り替え可能」も参照。, 一石二鳥…「貨物用」「乗客用」切替できる未来の自動運転車 独ベンツが発表、電気自動車仕様|自動運転ラボ https://t.co/zkADPoRRKi @jidountenlab #ベンツ #未来的 #一石二鳥 #自動運転EV, — 自動運転ラボ (@jidountenlab) September 12, 2018, ドバイ交通局(RTA)の幹部が2018年10月、国営の自動運転タクシーを年内にもドバイ市内でサービス開始させることを語っていたことが明らかになった。車両には4人乗りのベンツを使用する見込みという。, また、都市ディベロッパーの森ビルが2018年8月に発表したオンデマンド型シャトルサービス「HillsVia」の実証実験においても、ベンツの日本法人が最新の車両を提供するなど協力している。, 自動運転タクシー分野では、機能面だけでなく乗り心地も含めベンツ車の評価や人気は高そうだ。, 【参考】ドバイの自動運転タクシー構想については「ドバイ政府「年内に国営自動運転タクシー」 最高時速32キロ、LiDARやカメラ搭載」も参照。森ビルの実証実験については「六本木ヒルズに初のライドシェア 森ビル社員が相乗り通勤などで実証実験 米Via社のサービス活用」も参照。, ドバイ政府「年内に国営自動運転タクシー」 最高時速32キロ、ベンツ車両使用 LiDARやAI搭載|自動運転ラボ https://t.co/5zfXSy2BQ1 @jidountenlab #ドバイ #国営 #自動運転タクシー, — 自動運転ラボ (@jidountenlab) October 23, 2018, ベンツは「走る」「曲がる」「止まる」という3つの普遍的な機能の進化・熟成を重視しており、これら3つの要素は最終的に安全性に帰結するという。安全性こそが全ての原点であり、究極のゴールという姿勢だ。, この究極のゴールが完全自動運転なのかどうかはわからないが、安全性を高める過程で結果として一歩ずつ近づいているのは事実であり、自動運転コンセプトカーもいろいろと発表している。, 完全自動運転を不安視する向きは依然として根強いが、その際にはぜひベンツの取り組み・考え方を一考してもらいたい。, 【参考】関連記事としては「自動運転車とは? 定義や仕組み、必要な技術やセンサーをゼロからまとめて解説|自動運転ラボ」も参照。, 自動運転車とは? 定義や仕組み、必要な技術やセンサーをゼロからまとめて解説 https://t.co/rCQ8n6CNwJ @jidountenlabさんから, — 自動運転ラボ (@jidountenlab) September 17, 2018, 自動運転LABに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。全内容は日本の著作権法や国際条約で保護されています。. 高速道路をよく走る私はこの運転支援システムが無くてはならない物となっています。  積み重ねてきた安全神話 ▷SAFETY [CDATA[ 全方位的進化 ステアリングアシスト機能を備えた「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は、高速道路をはじめ市街地や郊外でもステアリングに手をそえているだけで走行中の車線内を、一定の車間距離を維持しながら前走車を追従します。  ガソリンとディーゼル Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, 人間のミスを補完する先進安全技術がインテリジェントドライブ。事故に結びつきそうな先進デバイスが自車の周囲を正確かつ緻密に把握検知し、事故要因を未然に防ぐ、いわゆるアクティブセーフティと言われるテクノロジーだ。新型CクラスはSクラスと同等の機能を盛り込み、さらに安全で安心なクルマに仕上がっている。その機能の数々をご紹介しよう。, 高速道路走行中にアクティブステアリングアシストが起動している際、ウインカーを点滅させると3秒後に、システムが車両の周囲の安全を確かめたのちに自動で車線変更する。10秒以内ならタイミングを測り続け、車線変更を行う。*作動速度範囲:約80~180㎞/h(一般道での利用不可), モーターファン別冊 インポートシリーズ Vol.68「メルセデス・ベンツCクラスのすべて」絶賛発売中. そしてメルセデスベンツは非常に安全性の高い車です。少しでも事故や怪我の無い車社会になってくれたら嬉しいです。, 皆さんこんにちは!ダイヤ135です(@diamond135JP) // 皆さんは…, 皆さんこんにちは!ダイヤ135です(@diamond135JP) // 一昨日は…, 皆さんこんにちは!ダイヤ135です(@diamond135JP) // えー、年…, 皆さんこんにちは!ダイヤ135です(@diamond135JP) // メルセデ…, メルセデスベンツCクラスの安全装備はさらに進化!ディストロニックやアクティブステアリングアシストについて!, メルセデスベンツCクラス車両設定、ドライブモードのインディビジュアル設定について、もう少し考えてみた, メルセデスベンツに乗る理由は何?なぜ高そうなベンツを買うのか?なぜ私はメルセデスベンツに乗るのか?. 最終更新日 : 2020/03/04 12:22, メルセデス・ベンツは2020年3月3日に、Eクラスのマイナーチェンジモデルをワールドプレミアした。現行Eクラスにとって初めての大規模改良であり、まずはセダンとステーションワゴンから進化。2020年夏より欧州市場への導入が始まる。, クーペやカブリオレ、ロングホイールベース版(中国のみ)にもすぐに改良新型が登場予定という。, 現行Eクラス(W213)にとって初となる大幅改良を実施。先進運転支援機能や快適性、電動化面が主な進化のポイントだ。, 今回のマイナーチェンジのポイントは、「次世代運転支援システムの採用」「キャビンの快適性向上」「パワートレインの電動化」の3点。, 「アクティブ スピード リミット」は、地図データや道路標識と連動して自動的にリミッターで車速を制御する機能。コーナーやランナバウト、料金所、丁字路の手前からスピード調整を開始するうえ、高速道路の出口にも対応する。, 地図データや道路標識と連動して自動的にリミッターで車速を制御する機能や、“右直事故”にも対応する最新の被害軽減ブレーキ機能などを導入している。, 最新のACCである「アクティブ ディスタンス アシスト ディストロニック」も導入。道路情報に基づく速度調整機能にくわえ、SIMカードを用いたデータローミングを介して数分ごとに情報をアップデートする「ライブトラフィック」とも連携する。渋滞末尾や交通の流れが悪くなっている場所もドライバーより早く検知し、もしもドライバーが迫る車列に対してなんの反応も示さない場合は、予備的措置として車速が100km/hまでスローダウンされる。, 「アクティブ ストップ アンド ゴー」は、車線の明確な自動車専用道路上なら最高60km/hまで車線キープと先行車との距離を支援する機能。1分以内であれば停止から再発進までを自動で行う。BMWでいうところの「ハンズ オフ機能付き渋滞運転支援システム」に相当するもののようだ。, 駐車時にドアを開けた際、後方からやってくる自転車やオートバイなどにぶつかる「ドア開き」事故を防止する機能も搭載する。, さらに、ステアリング操作を支援する「アクティブ ステアリング アシスト」にも新しい機能が登場。例えば複数車線のある高速道路上で事故などによる渋滞が起きた場合、現場へ駆けつける緊急車両用のルートが必要になるが、その“通り道”を空ける際のアシストまで行うという。, ドライバーの死角になりやすいエリアの障害物を検知する「アクティブ ブラインド スポット アシスト」は、「降車時警告付き」に進化。車両停止時にも接近する自転車やオートバイなどを検知してドライバーへ警告することで、いわゆる「ドア開き事故」を防止する。7km/h以上で移動している物体を検知し、危険が迫っているのにドアを開けようとすると、音とともにドアのアンビエントライトが赤く点滅して警告。この機能はイグニッションをOFFにしてから最大3分まで作動する。, ボディカラーに新色3パターンを追加。写真はAMG ラインの「モハーベ シルバー」。, 駐車から発進までの軌道を自動でサポートする「パークトロニック付きアクティブ パーキング アシスト」には、広めの駐車スペースを検知する機能も。360度カメラを搭載し、ボディ全長をサイドから眺めた視点も追加。縁石やガレージ、狭いパレットなどの神経を使う駐車時に側方の状況をより確認しやすくした。, 衝突回避し被害を軽減する自動ブレーキ「アクティブ ブレーキ アシスト」は全車へ搭載した。停車している車両はもちろん、歩行者の飛び出しにも対応する。対向車線を横切って右折する際には長距離レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラで前方の状況を検知。直進してくるクルマと衝突の可能性がある場合は一定の条件下で自動ブレーキを作動し、“右直事故”を防止する。, エクスクルーシブ ライン仕様車は、ボンネットの上にスリーポインテッドスターが鎮座するクラシックなフロント周りとなる。, 改良新型Eクラスのキャビンで主に注力したのは、ドライバーの「活性化」。エナジャイジングシート機能は、長距離ドライブ中にてシートクッションやバックレストを動かすことでドライバーへよりよい姿勢を促すもの。, また、ウェアラブル端末を介して得た情報に基づき、個々人に最適なフィットネスを推奨する「エナジャイジング コーチ」機能や仮眠をサポートする「パワーナップ(15〜30分程度の短い仮眠)」機能(プラグインハイブリッドのみ)も用意。さらに周辺空気の清浄度を示すインジケーターにも最新のシステムが備わる。, 「メルセデス アーバン ガード」と呼ぶ駐車時監視機能もアプリを通じて利用可能になる。衝撃や牽引、侵入などを検知するとともに、盗難の際の追跡機能を完備。また、車両の鍵を無くしたり盗まれた場合の予防措置として、スマートフォンを通じて認証解除することもできるという。, 衝撃や牽引、侵入などを検知するとともに、追跡機能を完備した盗難監視機能「メルセデス アーバン ガード」にも対応する。, パワートレインの電動化については、プラグイン ハイブリッドを7モデルに展開。ディーゼル、ガソリン、セダン、エステート、後輪駆動、全輪駆動のすべてでプラグイン ハイブリッドが選択可能となる。, ガソリンエンジンは出力156〜367psまで、ディーゼルエンジンは160ps〜330psまでラインナップ。直列4気筒ガソリンエンジン(M254)には第2世代のISG(インテグレーテッド スターター兼ジェネレーター)を装備。最大15kW/180Nmのパワーでエンジンをサポートする。もちろん48V対応である。, M256と呼ばれる直列6気筒ガソリンユニット+ISGも選べるようになった。ディーゼルは直列6気筒(OM 656)と直列4気筒(OM 654)の両方を用意。メルセデス・ベンツの中核を担うEクラスとあって、最新の直列ユニットをずらり取り揃える。, 組み合わせるトランスミッションは、第2世代ISGに最適化させた9Gトロニックだ。モーターや冷却システムはトランスミッションの内部、もしくは近接するように配置。ケーブル類も省くことでスペースや重量を抑えて様々な内燃機へ対応できるようにした。, 10.25インチの液晶を2枚据え付けるディスプレイを標準搭載。12.3インチ液晶を2枚並べた仕様もオプションで選択できる。, デザイン面では、エントリーグレードがアバンギャルド仕様になスリーポインテッドスターを組み込んだフロントマスクが標準となる。ボディカラーにはハイテク シルバー、グラファイト グレー メタリック、モハベ シルバーとよぶ新色を追加。ホイールデザインもより多彩になり、燃費効率を向上するエアロホイールも選択できるようになった。, コクピットの景色も最新基準へ進化。指でスワイプ操作できるタッチコントロール付きステアリングホイールを改良するとともに、10.25インチの液晶を2枚据え付けるディスプレイを標準にした。12.3インチ液晶を2枚並べた仕様もオプションで選択することが可能だ。, 「ハイ、メルセデス」でお馴染みの自然対話型音声認識システムを組み込むインフォテインメント機能MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)は、AR(拡張現実)にも対応。ディスプレイ上に映し出された周辺環境上に家屋番号や番地、信号機などが表示される。, メルセデス-AMG E 53 4マティックにも、サルーン、エステートの両方へさらに力強いデザインを与えるともに幅広いオプションを用意した。, メルセデス-AMG E53 4マティック セダンとエステートもデザインを刷新。さらに迫力のある雰囲気を与えられ, 現行Eクラス(W213)が日本市場で発売されたのは2016年7月。ウィンカーレバーの操作のみでクルマが安全確認をしながら自律的に車線変更を行うといった先進の運転支援機能をいちはやく採用してセンセーションを呼んだ。, ステアリングホイールにタッチ式のセンサーを与え、横長のタブレットが嵌め込まれたようなインストゥルメントパネルを導入するなど、「未来型Eクラス」のキャッチコピーもさもありなんという意欲的なモデルとして登場した。これまでにセダン、エステート含めて世界で120万台以上が販売されている。, 改良新型メルセデス・ベンツ Eクラスの欧州導入は2020年夏予定。プラグインハイブリッドも7モデルに展開している。, 依然としてメルセデス・ベンツの「ブランドの心臓」であり続けるEクラスは、2020年夏より欧州から導入をスタートする。, 未来型を謳い登場したEクラスが先進の知能を獲得し、さらに半歩、未来へ足を踏み出した。自動車のこれからを提示するひとつの好例となることは間違いなさそうだ。, 11月20日・21日、六本木ヒルズ・大屋根プラザにアストンマーティンのオールラインナップが集結, フェラーリ SF90 スパイダーがワールドプレミア! 進化したリトラクタブルハードトップを搭載 【動画】, 池沢早人師、21世紀の狼「アルピーヌ A110S」を駆る!【第3回:ツーリング&ユーティリティ編】, マイナーチェンジしたレクサス LSに最速試乗! レクサスの原点「老舗の味」を渡辺慎太郎が吟味する, 新型「キャデラック エスカレード」の日本導入スタート。2021年東京オートサロンで国内初公開【動画】, 世界で唯一のロードコースが千葉に誕生。コーンズがアジア初の会員制ドライビングクラブを2022年に開業【動画】, TOYO TIRES、ニュル24時間レースに向けて始動! 10年ぶりに挑戦する狙いとは【動画レポート】【PR】, BMW 2シリーズ グランクーペとメルセデス・ベンツCLAを国内最速比較! 渡辺慎太郎が吟味する, ヴァンテージの7速MTに試乗! 最新アストンマーティンを島下泰久がマニュアルで操る【動画レポート】, ルノー メガーヌ R.S.

谷佳知 満塁ホームラン なんj 7, こうの早苗 マンスリーキルト 2019 4, Ps3 リモートプレイ 機器登録 スマホ 21, 空手 大分 大人 4, 赤井秀一 初登場 原作 4, アイドマホールディングス 在宅 面接 49, Paiza スキルチェック 解答 Java 7, シニフィアン シニフィエ チャバタ 16, 特急 やくも 列車脱線事故 13, ソ ジュウォン カーレーサー 6, シュノーケル フルフェイス デメリット 5, 暴れん 坊 将軍 海外の反応 19, ワイドスクランブル コメンテーター コロナ 25, ロゴスホーム ハウジングカフェ 違い 23, 今津高校 合格 ライン 38, ヤマザキ Cm 女優 4, ヨドバシ 取り寄せ 電話 4, シコルスキー 刃牙 その後 7, レゴ ジュラシック ワールド スイッチ 二 人 プレイ 6, 日本軍 Vs グルカ兵 5, 軟式野球 全国大会 社会人 11, 中飛車 本 おすすめ 初心者 10, かける 女の子 名前 9, 俺のスカートどこいった 1話 Pandora 7, シマエナガ ウイニングポスト 9 45, 江津 高校 寮 6, 職場恋愛はないと 言 われ た 7, Foliage Plant 意味 14, 北海道 マニアック お土産 4, Take A Breath 意味 6, 竜 速 石川 4, 迷宮グルメ 異郷の 駅前 食堂 年越し 8時間スペシャル 12, 水上 妊娠 デマ 16, レクサス Hs ヒューズボックス 8, Song Maker 保存 5, 誤解 お詫び メール 9, 秋の 蝿 季語 4, 須田 景凪 Quote Rar 6,